NEC、腕を仮想キーボード化するUI『ARmKeypad』を開発

公開日: : NEC ,

 NECは11月5日、ウェアラブルグラス用の新しいユーザインタフェース(UI)として、作業者の腕を仮想キーボード化する『ARmKeypad(アームキーパッド)』を開発したと発表しました。

0504-01

ウェアラブルデバイス連携で仮想キーボードを実現する『ARmKeypad』

 『ARmKeypad』はウェアラブルグラスとウェアラブルウォッチを連携させる新しい認識技術で、腕に仮想キーボードや入力ボタンを表示させて高速高精度なタッチ入力を実現、業務のハンズフリー化が可能となり設備保全・保守点検や検品、在庫管理といった作業を効率化できるとしています。

 仮想キーボードは腕への振動によって入力を判別可能で作業者自身が感触的に確認できるほか、利用シーンに合わせてキーレイアウトを自由に変更可能となっています。また、認識精度が高いため音声入力が困難な場所でも利用できるのが強みとしています。

Source:NEC

よく一緒に閲覧される記事

NEC LAVIE Tab Eシリーズ最新モデル10.1型「TE410/JAW」発表、価格29800円のスペック・発売日

NECパーソナルコンピュータは11月20日、Androidタブレット「

NEC、19,800円の7型「LAVIE Tab E TE507/JAW」発表・スペック・発売日

NECパーソナルコンピュータは10月9日、「LAVIE Tab E」シ

NEC、家庭向けノートPC『LAVIE Note Standard』シリーズ全13モデルを発表

NECパーソナルコンピュータは7月17日、家庭向けノートPCの定番モデ

→もっと見る

PAGE TOP ↑