Chuwi Hi8 Super?購入レビュー、WindowsとAndroidの空き領域とアプリ一覧

公開日: : Chuwi

 WindowsとAndroidのデュアルOS構成8型タブレット『Chuwi Hi8』購入レビュー、今回は各OSの初回セットアップ時の状況と空き容量、アプリ一覧を記録します。

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-27

Chuwi Hi8 購入レビュー、ストレージ空き領域とアプリ一覧

 『Chuwi Hi8』は8インチで1,920x1,200の高解像度、本体重量297.5gとスペックシートよりも軽いというWindows / Android OSが利用できるデュアルブート対応タブレットです。

Windowsのセットアップを行う

 前回の開封レビューに続き、今回はWindowsのセットアップから行います。

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-17

 『Chuwi Hi8』の初回起動はWindowsが立ち上がりました。中国語を覚悟していましたが販売ショップに書かれていた日本語化が行われていました。また、初期化しても日本語で表示されるとあるので、もしかしたら回復パーティションに日本語設定の状態で保存されているのかもしれません。

 この時の注意点として”セットアップ時に電源が落ちると起動できなくなる”とあり、必ず電源に接続するか満充電で行うよう書かれていました。

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-18

 同意して次へ。

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-19

 Wi-Fi設定では無線LANルーターのWPSボタンで簡単接続しました。

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-20

 簡単設定の確認。

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-21

 初回セットアップが終わると重要な更新プログラムの取得を開始するとして電源に接続するよう案内されました。更新時間は短く飲み物を持ってくる間には終わっていました。

充電ランプは明るいか

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-22

 天面にあるMicroUSBポートへ市販のUSBケーブルを接続、すぐに赤いランプが点灯しました。

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-23

 部屋を暗くして撮影、まぶしいと言うほどの明るさはありませんが充電中は点滅して通知するようです。

Microsoftアカウントの設定

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-24

 Windowsを使いだしてから後でディレクトリ問題に発展するMicrosoftアカウントの設定画面になりました。

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-25

 ここではローカルアカウントをアルファベット入力したいので”この手順をスキップする”を選択。

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-26

 ローカル用のユーザー名とパスワードを設定しました。

Windowsを起動する

 『Chuwi Hi8』はWindows 10にアップデートされた状態でした。『Chuwi Vi8』はWindows 8.1からWindows 10にアップデートしましたが結構な時間と労力を必要とするため手間が省けて助かります。

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-28

 初回起動時は記事冒頭の縦画面でした。横向きにすると上図のような画面に切り替わりました。

 アマゾンのレビューにあった画面が自動回転しないといった不具合はありません。日本語化も完了していて快適に動作します。問題を覚悟していただけに何もトラブルがなく少し寂しい気持ちになるほどでした。

Wi-Fi接続に問題はないか

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-29

 試しにMicrosoftの新ブラウザ”Edge”にてタブクルを表示、Wi-Fi 802.11 b/g/nなので時間がかかるのかと思いましたが特に遅延もなく閲覧できました。

 ブラウザ閲覧していると同じ8インチでも解像度の違いか「Chuwi Vi8」(1,280x800)に比べて『Chuwi Hi8』(1,920x1,200)のほうが発色がよく見やすいことに気付きました。オレンジや赤、茶色といった画像がクリアに表示されています。

Cドライブの領域を確認する

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-40

 Cドライブには19.1GBが割り当てられ、そのうち使用領域は8.2GB、空き領域は10.9GBとなっていました。Windows 10へのアップグレードが完了していることを考えると思ったより多めでした。

ディスクの管理を見る

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-41

 「ディスクの管理」を開くと「Chuwi Vi8」と同じように細切れにパーティションが割り当てられていました。

Android OS切替を試す

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-32

 タスクバーとデスクトップにOS切替スイッチが配置されています。選択するとAndroid OSへの切替を確認する画面が表示されOKを選ぶと再起動が始まりました。

Android OSの世界へ

 『Chuwi Hi8』は同社の製品ページにあるようにAndroid 5.0 Lollipopへ対応しています。

Chuwi-Hi8-05

製品ページには”Win 10&安卓5.0”の記載が、、。

 しかし、今回購入したのはプライム対応であることからアマゾンの倉庫に置いてあったことになります。そうなるとWindows 10であっても他の中国メーカーも対応が遅れているAndroid 5.0は期待できそうにありません。

Android モードで起動

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-33

 Android 4.X Kitkatの画面が表示されました。

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-34

 ロック画面を抜けると初回起動時に表示されるメッセージが日本語で表示されました。Windowsと同じく初回セットアップまで行ってから出荷しているようです。

アプリ一覧をチェック

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-35

 不要な中国製アプリはなく、シンプルです。

 ショップ側がインストールしたのはファイル管理アプリと思われる”File Manager”だけではないでしょうか。

ストレージ状況を確認する

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-37

 ストレージは合計6.78GBがユーザー向けに割り当てられ、空き容量は6.67GBとなっていました。

Chuwi Hi8 Super?

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-38

 タブレット情報を見るとモデル番号に「CW-Hi8-super」とあり、『Chuwi Hi8 Super』という製品なのでしょうか。Androidバージョンは4.4.4となっています。

縦横の画面は問題ないか

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-39

 念のためAndroidでも縦横の画面切替が正常に行えるか試しましたが問題ありませんでした。

Windows へ切り替える

Chuwi-Hi8-Tabkul.com-Unboxing-Review-36

 Windowsの切替は「Chuwi Vi8」と同じ位置にあり、Windowsとは異なり確認画面は表示せずに再起動が実行されました。

 2つのOSを触った感じとしては誤タップなども発生せずトラブルなしでした。

 次回はベンチマークソフトを使ってWindowsモードとAndroidモードのスコアを確認する予定です。

CHUWI Hi8の価格

CHUWI Hi8

CHUWI Hi8
CHUWI
価格: 13,500円 レビュー24件(2015/11/05現在)

プライム対応。



 

 前回の話
 13,500円のデュアルブート8型『Chuwi Hi8』購入、開封レビュー/Vi8との重さ比較

 Chuwi Hi8購入レビュー記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑