NanoSIMカード用アダプター購入、試用レビュー(F.Wave製)

公開日: : ソニー , ,

 一般販売が開始された月0円で維持できてしまう格安SIMカード『0 SIM by So-net』を手持ちの『Xperia Z2』で使うべくF.Wave製NanoSIMカード用アダプターを購入、試用レビューを記録します。

F.Wave_nanoSIM_3024

NanoSIMカード用アダプター購入レビュー

 雑誌付録の『0 SIM by So-net』はnanoSIMカードですが、『Xperia Z2』はSIMトレイは”MicroSIMサイズ”となっていました。今回、Amazonプライム対応のNanoSIMカード用アダプター購入としてF.Wave製NanoSIMカード用アダプターを購入しました。

F.Wave_nanoSIM_3022

 小物なので封筒で配達されました。

F.Wave_nanoSIM_3025

 アダプターは3つ入っていて次のようになっていました。

  • NanoSIM → MicroSIM
  • NanoSIM → 標準SIM
  • MicroSIM → 標準SIM

 他にも背面シールとトレイ取り出し用ツールが同梱されています。

F.Wave_nanoSIM_3031

 パッケージの背面にも予備のシールが用意されていました。

SIMカードを準備する

F.Wave_nanoSIM_3026

 nanoSIMからMicroSIMへの変更に必要なパーツを準備しました。

SIMカードの造りは問題ないか

F.Wave_nanoSIM_3027

 アルミニウム製ということで頑丈な造りです。精巧に造られているのか心配でしたが問題ありません。上図の状態ではSIMカードがスルリと抜けてしまうので先にシールを貼った方が良さそうですね。

シールを貼る

F.Wave_nanoSIM_3028

 背面にシールを貼ってSIMカードを置くと簡単に外れるようなことはなくなりました。

 丁寧に扱えばシールは何回か使えそう。

Xperia Z2のSIMカードを交換する

F.Wave_nanoSIM_3032

 先日、1月末で解約を申請した「OCNモバイルONE」のSIMカードを取り出して新たに「0 SIM」を差し込んだところ、問題なく認識されました。

 あとは12月の記事「『0SIM by So-net』購入レビュー02、APN設定から開通手続きまで」に従い設定を行ったほか、月間499MBを超えると料金がかかるため「arrows M02」で行った”モバイルデータの制限”設定を行いました。

今回、購入した「F.WaveSIMカード変換アダプタ」

F.Wave 【Amazon即日出荷】3色カラフルなアルミニウム製 NanoSIMからMicroSIM、NanoSIMからSIMカード、MicroSIMからSIMカードに変換するアダプタとSIMリリースピン、各カット済みシールの7点セット FuturePlus Original

F.Wave 【Amazon即日出荷】3色カラフルなアルミニウム製 NanoSIMからMicroSIM、NanoSIMからSIMカード、MicroSIMからSIMカードに変換するアダプタとSIMリリースピン、各カット済みシールの7点セット FuturePlus Original
F.Wave Concept
価格: 495円 レビュー55件(2016/01/28現在)

 



 

 最新のXperia Z2記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

プレステ5は2020年末に発売へ、二つの重要なイノベーションを発表 #PS5

ソニーは10月8日、「プレイステーション」の次世代機について名称が

ソニー『Xperia 8』発表、21:9画面で2アプリ同時操作や2眼カメラなどスペック・価格

ソニーモバイルは10月7日、6インチで21:9という特徴のディスプレイ

ソニーがSIMフリー版『Xperia Ace』を発表、MVNO各社から販売へ #発売日 #スペック

ソニーおよびソニーモバイルコミュニケーションズは9月24日、5イン

→もっと見る

PAGE TOP ↑