abrAsus(アブラサス)「薄い財布」を1年ほど使った感想、レビュー

公開日: : 周辺機器 ,

 abrAsus(アブラサス)「薄い財布」を2014年11月に購入してから1年が経過していました。毎日のように持ち歩いてキズや疲れなどが出ているのか、使い勝手など使用した感想をレポートしたいと思います。また同時に購入した小銭入れについても実際に使ったのか記録します。

IMG_3271

abrAsus(アブラサス)「薄い財布」の感想、レビュー

 「薄い財布」に出会うきっかけは大画面化するスマートフォンの代わりに財布を小さくすることで身軽になりたいという願いでした。マネークリップ+小銭入れという選択肢もありましたがライフスタイルを変えたいという思いもあって「薄い財布」を選びました。詳しくは過去記事(スマホの代わりに財布を小型化、ミニ財布 6選―薄型財布 vs マネークリップ+小銭入れ)にて。

「薄い財布」の使用感、現状

 それでは1年以上を経過した「薄い財布」の現在を確認したいと思います。

IMG_3272

 糸のほずれや革の劣化などはありませんが、近くで見ると擦れた跡が多数あります。とはいっても不快になるようなモノではなく「味」として楽しんでいます。

IMG_3274

 白い筋のような擦れた跡は大小様々。

お札入れのスペース

IMG_3275

 お札の出し入れで必ずめくるパーツ、当初の形状を維持して今も問題なく機能しています。

カード入れスペース

IMG_3279

 続いてカード入れ、数えたら9枚も入れていました。その中には厚めの割れないカードサイズ鏡「レスキューミラー」も入っています。(関連記事:カードサイズの割れないステンレス鏡『レスキューミラー』購入レビュー/使い方と感想

IMG_3276

 カード入れの奥を見ると切れているように見える箇所がありました。実際に切れているわけではないのですが変な状態でカードを入れてしまい跡が残ったと思われます。

小銭入れスペース

 最も利用頻度が高い小銭入れスペースを確認します。

IMG_3268

 ボタン部が最初に壊れるのではないかと懸念していましたが、警戒して使っていたためか目に見えるようなダメージは確認できません。また小銭を探す時に収納部を開くため、そこの糸が弱くなるのではないかと思っていましたがコチラも今のところ問題ありません。

「薄い財布」の感想、レビュー

 「薄い財布」のダメージは思っていた以上に少ないですね。しかし、私はスマートフォンでも何でも(比較的)綺麗に使うタイプです。すぐにスマートフォンを傷だらけにしてしまうような人が使えば結果は異なると思います。もっとも、がっつり使いたいという層をターゲットにした製品ではありませんが、、、。

小銭入れの話

 「薄い財布」は999円が入るように設計されているとのことで購入当初は小銭が溢れたら困ると思い、別途アマゾンで小銭入れを購入しました。

IMG_3281

 しかし、実際に「薄い財布」を使い始めると小銭を余らせないように頭を働かせるようになって何も考えずにお札を出すようなことがなくなり最も小銭が少ない会計を済ませるようになりました。それでも許容範囲を超えた小銭が集まる時もあります。その時はパンパンになったまま使用していました。

 そう、結局アマゾンで別途購入した小銭入れは一度も使うことがありませんでした。

レシート対策

 購入前にレシートが増えて「厚い財布」になるのではという懸念は、購入時に決意した「ライフスタイルを変える」という思いが形となりレシートを紙のノートへ貼り付けるという素晴らしい習慣となって生まれ変わりました。

 一日の終わりにレシートを貼り付ける作業を行うことで如何に己が無駄な買い物をしてきたかを思い知ることができるわけです。その時に小銭入れが目一杯だと若干の反省と明日への妙な決意が燃えるのです。

購入して良かったか

 上から順番に読んでいただけたのであれば言わずもがなですが「買って良かった」に尽きます。

 「薄い財布」のデザインを気に入っているため手に持つ度に満足感があり、1日単位で自己管理ができるようになったのですから有り難いことです。こういった製品を少しずつ集めてシンプルにして暮らしたいですね。

購入した「薄い財布」

薄い財布

薄い財布
abrAsus(アブラサス)
価格: 16,950円 レビュー23件(2016/02/17現在)

 



 

 購入時の記事へ
 abrAsus『薄い財布』購入、開封レビュー/重さや触った感想

よく一緒に閲覧される記事

携帯PCゲーム機「Steam Deck」にプレイ判断機能「Deck Verified」が追加

Valueは現地時間2021年10月18日、Steam公式モバイルゲー

すかいらーくが配膳ロボット「BellaBot」導入を発表、主な機能・スペック

すかいらーくホールディングスは2021年10月18日、配膳ロボット「B

TCL、最新の透明カラーレンズ搭載スマートグラス動画を公開

中国TCLは現地時間10月15日、MicroLEDディスプレイで実現し

→もっと見る

PAGE TOP ↑