”Google 日本語入力物理フリックバージョン”発表、動画など―今日は4/1。

公開日: : 周辺機器 ,

 Google 日本語入力チームは”4月1日”、今年も懲りずに画期的な文字入力デバイスを発表しました。スマートフォンのようにキーボードでもフリックできたらという願いを実現した『Google 日本語入力物理フリックバージョン』の誕生です。

furikku.0

”Google 日本語入力物理フリックバージョン”発表

 ”Google 日本語入力物理フリックバージョン”はキーボードならではの押した感覚を大切にするとして各キーの文字盤は削りだしにより作成、指先にふれる感覚を豊かにしたとしています。内部では特殊なメカニカルスイッチを搭載することでフリック入力の特徴的なスライド動作を物理的に実現できたようです。

furikku.2

 BlutoothキーボードとしてWindowsだけでなくスマートフォンやタブレットにも接続可能。

主な仕様・スペック

furikku.3

動画

価格・発売日・カラーバリエーション

 ”Google 日本語入力物理フリックバージョン”の発売日は”市場調査の結果を踏まえて判断”するとしており、価格は手が届く範囲になるよう努力するとしていますが”高額”になるそうです。

furikku.1

 カラーバリエーションは青、赤、黒、茶、白の5色展開を予定、自作したい場合は基盤回路や3Dプリンタ用データなどをオープンソースで公開しているそうです。

 省スペースで片手入力できて、、、ってアレ?今年は実用的か!

Source:Google 日本語入力物理フリックバージョンgithub

よく一緒に閲覧される記事

約12万台からHDD故障率を公開、信頼できるメーカーほか

低コストなクラウドバックアップやストレージサービスを展開するBac

新型Nintendo Switchが2020年Q1より量産開始か、6月にもリリースへ

台湾メディアDiGiTimesは現地時間1月6日、任天堂が2020

新規格『Wi-Fi 6E』発表、新たに6GHz帯域を追加

Wi-Fi Allianceは現地時間1月3日、新たに6GHz帯を

→もっと見る

PAGE TOP ↑