5.5型DS風Winタブ『GPD WIN』、目標額372%達成して10月リリースへ/スペック表

公開日: : 最終更新日:2016/04/19 その他・中華タブレット , , ,

 更新(2016/04/19):Wi-Fi仕様について

 5.5インチのニンテンドーDS風Windows 10搭載タブレット『GPD WIN』がINDIEGOGOにおいて目標額10万ドルを大きく超える37.2万ドルの出資を集めて4月27日のゴールを迎えられそうです。

GPD-WIN-7

『GPD WIN』のスペック

 中国メーカーGPDがクラウドファンディングサイトINDIEGOGOにおいて、同社のエミュレータ向けAndroid端末を進化させてWindows 10 Homeを搭載させた『GPD WIN』の出資を開始していましたが締め切り4月27日を目前に10万ドルという目標額を大幅に超えた37.2万ドルに到達しています。

GPD-WIN-5

主なスペック・仕様

 タブクル調べ
 tabkul.com
GPD WIN
OS Windows 10 Home
CPU Intel Atom x5-Z8500プロセッサ
1.44GHz-2.24GHzクアッドコア
RAM 4GB LPDDR3-1600
ストレージ 64GB eMMC 4.51
SDカード MicroSDカード最大128GB
液晶 5.5インチ/Gorilla Glass 3
解像度 1,280x720/267ppi
前面カメラ 非搭載
背面カメラ 非搭載
Wi-Fi 802.11b/g/n、5GHzをサポート予定
GPS
Bluetooth Bluetooth 4.0
USB MicroUSB / フルサイズUSB
映像出力 Mini HDMI
サイズ 155 x 96 x 20 mm
重さ 300g
バッテリー 6,000mAh
価格 499ドル

 ※センサーは重力・近接センサー。

追記(ここから)―――――――――――――

 Wi-Fiが5GHz対応のデュアルバンドになる予定との情報をいただきました。

 @eps_rさん、情報ありがとうございます!

――(ここまで)―――――――――――――

 『GPD WIN』は特殊なデバイスですが499ドルで販売されているタブレットと比べて妥協しないAtom x5-Z8500+RAM4GB+ROM64GBという処理性能を備えています。

 GPDによると「Z8550」プロセッサへのアップグレードも考え、サプライヤーを探しているようです。

GPD-WIN-6

 ポケットに入るという本体サイズは155 x 96 x 20 mm、手持ちのNexus 6が159×83x10mm(約184g/バッテリー3,220mAh)ですから確かにポケットサイズと言えそうです。重さは300gですがキーボードとバッテリー6,000mAhが含まれての数字なので”軽い”ですね。

インターフェイスを見る

 インターフェイスはMicroUSB+フルサイズUSB+Mini HDMIと充実しています。

GPD-WIN-3

 L/RボタンにMicroSDカードスロット(最大128GB対応)やイヤホンまで配置されているので賑やか。

 

GPD-WIN-1

 前面にはマイク/電源ライト/スピーカーx2が配置されています。

 割り切っているな~と思うのは”前背面カメラの非搭載”でしょうか、Wi-Fi 802.11 b/g/nはWindows端末として見た時に少し残念に思えてしまうところ。

HDMIでデスクトップPCとして!

 『GPD WIN』が欲しい。と思えたポイントは下図のようにMini HDMI経由で外部モニターへ出力することで簡易デスクトップとして使うシーンを想像した時でした。

GPD-WIN-8

 RAM4GBもあればAtomであってもショッピングやブログ更新などの軽作業であれば事足りますね。

キーボードが琴線に触れる。

 GPDお得意の携帯ゲーム機デザインで「D-Pad」や「ALPS製ジョイスティック」など魅力ある物理ボタンが並びますが、何よりもミニキーボードに心躍ります。

GPD-WIN-2

 よ~く見ると”Fnキー”や”メニュー”、D-Padがあるのに”矢印キー”、側面スライドで良いのに”音量ボタン”まで配置されていました。ジョイスティックがマウスとして使えるというのも忘れてた何かを刺激してくれます。

GPD-WIN-9

 ミニキーボードの使い勝手が気になります。

バッテリーについて

 『GPD WIN』はバッテリー容量6,000mAhで、音楽再生で80H/オンライン動画で8H/オンラインゲームで6~8H/スタンバイで672H駆動としています。

価格・発売日・カラーバリエーション

 『GPD WIN』は2016年4月27日に出資募集を終了し、10月にグローバル市場へ向けて出荷を開始する予定で11月には出資者の手元へ届くよう努力しているようです。送料は出資額に含まれておりDHLによる発送になるとのこと。

 カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色展開で出資額は299ドル~、一般販売が開始された時の小売価格は499ドル(約5.45万円)になるとしています。

 前回の話
 DS風ゲーミングタブレットの新型『GPD XD2』間もなくリリースか、一部スペック

 初代「GPD XD」の購入レビューなど記事一覧

 Source:INDIEGOGO

よく一緒に閲覧される記事

ドンキが9980円の電子書籍タブレット『読みまくリーダー』(YMR8-DS)発表、スペック・発売日

ドン・キホーテは9月25日、プライベートブランド「情熱価格」より電

OneMix 3Sで日本語入力、追加ソフトなしでキーボード設定を変更

OneMix 3Sに限らず海外製ノートパソコンは日本語入力を想定し

小型ノートPC『OneMix 3S Platinum』でPCゲームは遊べるか、熱問題・ファン音など

ONE-NETBOOKが小さな筐体に筆圧感知やRAM16GBなどを

→もっと見る

PAGE TOP ↑