mineo、熊本地震支援として『フリータンク』引き出し日を前倒し #震災支援

公開日: : 最終更新日:2016/04/21 au MVNO

 ケイ・オプティコムは4月15日、モバイル通信サービス「mineo」において熊本地震の支援としてデータ量をプールして足りないユーザーが引き出せる『フリータンク』の引き出し日を前倒しすると発表しました。

L_image

mineoが『フリータンク』引き出し日を前倒し

 『フリータンク』は「mineo」ユーザー全員で余ったデータ通信をプール、データ通信量の足りなくなったユーザーが引き出せるというデータ通信量の共有サービス。

 通常では毎月21日から末日までが引き出し可能日となっていますが、被災者支援の一環として4月15日の昼から行えるよう特例の手配をしたとしています。

 『フリータンク』に余ったパケットを入れたユーザーの声や残量は専用ページにて確認できます。

Source:マイネ王フリータンク専用ページ

よく一緒に閲覧される記事

UQ mobile「くりこしプランS」は格安SIMの本命という話

コストパフォーマンスの優れた格安SIMサービス(MVNO事業者)を選ぶ

UQモバイルが月3980円で20GB「スマホプランV」発表、データチャージと比較

KDDIと沖縄セルラーは10月28日、UQ mobileで新料金プラン

UQ mobile、データ最大30GB無償化の延長を発表

UQコミュニケーションズは4月27日、新型コロナウイルスにより実施

→もっと見る

PAGE TOP ↑