Appleが『WatchOS 3』発表、特徴など #WWDC2016(更新完了)

公開日: : スマートウォッチ ,

Appleは日本時間6月14日、WWDC2016において最新ウェアラブルOS『WatchOS 3』を発表しました。

スクリーンショット 2016-06-14 02.12.37

Appleが『WatchOS 3』発表

WatchOS 3』は現行バージョンに比べアプリの起動時間が速くなりました。また、新たにDock機能を追加したことを発表しました。

Apple-WWDC2016-live-04

Dock機能

Apple-WWDC2016-live-07

 Dockでは起動中のアプリをスライドさせる事で切替ることができるとのこと。

手書き入力機能

 スターバックスと入力するデモ。

スクリーンショット 2016-06-14 02.12.35

 手書き機能は英語と中国語に対応。

SOS機能

Apple-WWDC2016-live-05

 簡単なボタン操作で緊急連絡を行える機能が追加。

Developer Previewは本日リリース

Apple-WWDC2016-live-08

 『WatchOS 3』の開発者プレビューは本日公開、配信開始とのこと。

Apple-WWDC2016-live-10

 アップグレードは無料で2016年秋に実施されます。

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchに画面内Touch ID搭載か、特許申請で明らかに

Appleが米国特許商標庁(USPTO)に申請した特許情報からAp

Apple Watchの『体育の日チャレンジ』開催中、30分ワークアウトで限定バッジ

Appleが様々な記念日にチャレンジ企画を開催しており、今回10月

未来のスマホか、1.6万円でRAM3GB搭載スマートウォッチ『KOSPET Prime 4G』が先行セール開催中 #GearBest

次世代バッテリーの性能によってはスマートフォンは腕に着けておくとい

→もっと見る

PAGE TOP ↑