Google、Nexusスマートウォッチ2製品”Angelfish”と”Swordfish”を開発中か

公開日: : スマートウォッチ

 GoogleがNexusブランドのAndroid Wearスマートウォッチ2製品を準備しており、コードネームは”Angelfish”と”Swordfish”であると海外メディアが伝えています。

Google-Watch-01

Nexusスマートウォッチ2製品”Angelfish”と”Swordfish”を開発中か

 Android Policeは複数の信頼ある情報筋から得た話として、Googleが社内向けにスマートウォッチのプロトタイプを作成する段階であると伝えました。

 そのNexusスマートウォッチ2製品は、いずれもGoogle Assistantを統合しており完全な円形のラウンドタイプで1台はLTE/GPS/心拍モニターを搭載していると伝えています。

Nexusスマートウォッチ「Angelfish」について

 コードネーム”Angelfish”は大きいスマートウォッチとしており、現行モデルのMoto 360とLG Urbane 2nd Edition LTEに似たデザインながら完全に別物にあり、3つのボタンを備えているとのこと。側面に配置されたボタンの中央に1つ大きなボタンがあり、それを挟むように小さなボタンが2つ並ぶようです。

 ”Angelfish”はLTE対応チップを搭載するため大きなバッテリーを積む必要があり、厚さは14mmを超えるかもしれないとしています。また時計の直径はMoto 360の大きい版 46mmよりも小さく、標準版の42mmよりも少し大きい43.5mmになる可能性を伝えました。

 カラーバリエーションはチタン/マットダークグレイがあり、他にも用意されるかもしれないとしています。

 ”Angelfish”はGPS/LTE/心拍モニターを搭載し単体で動作するスタンドアロンなAndroid Wearデバイスという大きな役割を担っているようです。

Nexusスマートウォッチ「Swordfish」について

 ”Swordfish”(めかじき)の外観は「Pebble Time Round」を彷彿とさせるデザインで右側面に1つのボタンを配置、押すだけのボタンではなく竜頭のような金属製でApple Watchに似ているとのこと。

Pebble_Time_Round_1

Pebble Time Round

 ”Swordfish”の本体サイズは直径42mmと小さく、厚さも僅か10.6mmと薄くスポーティであり、カラーバリエーションはシルバー/チタン/ローズゴールドが用意される模様。

 Source:Android Police

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchに画面内Touch ID搭載か、特許申請で明らかに

Appleが米国特許商標庁(USPTO)に申請した特許情報からAp

Apple Watchの『体育の日チャレンジ』開催中、30分ワークアウトで限定バッジ

Appleが様々な記念日にチャレンジ企画を開催しており、今回10月

未来のスマホか、1.6万円でRAM3GB搭載スマートウォッチ『KOSPET Prime 4G』が先行セール開催中 #GearBest

次世代バッテリーの性能によってはスマートフォンは腕に着けておくとい

→もっと見る

PAGE TOP ↑