Google製Android Wearスマートウォッチ「Nexus Watch」のレンダリング画像

 Google内部でコードネーム”Angelfish”と”Swordfish”と呼ばれる自社製NexusブランドのAndroid Wearスマートウォッチを準備していると伝えられている件で、それらの情報を基にしたレンダリング画像が公開されました。

Google-Android-Wear-image-201607-12

Google製Android Wearスマートウォッチのレンダリング画像

 Android Policeは7月7日に伝えたGoogle製スマートウォッチのコードネーム”Angelfish”と”Swordfish”に関する情報を基に作成したレンダリング画像を公開しました。

Google-Android-Wear-image-201607-12.1

 左の大きいサイズが”Angelfish”でLTE対応チップを搭載するため容量の多いバッテリーを積むため厚さは14mmを超えるとも伝えられています。ボタンが3つあり単体で使えるスマートウォッチになる見込み。

 その隣にある小さいサイズが”Swordfish”で、「Pebble Time Round」のようなシンプルでスポーティーなデザインと伝えられていましたが想像よりも落ち着いた雰囲気があります。

 2製品ともにNexusブランドでリリースされる可能性があるほか、音声パーソナルアシスタント「Google Assistant」を統合するという情報もありました。

 同メディアはプロトタイプに基づいた情報である事から今後リリースされるまでにデザインはもちろん、仕様の変更も考えられると伝えています。

 前回の話
 Google、Nexusスマートウォッチ2製品”Angelfish”と”Swordfish”を開発中か

 Source:Android Police

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchに画面内Touch ID搭載か、特許申請で明らかに

Appleが米国特許商標庁(USPTO)に申請した特許情報からAp

Apple Watchの『体育の日チャレンジ』開催中、30分ワークアウトで限定バッジ

Appleが様々な記念日にチャレンジ企画を開催しており、今回10月

未来のスマホか、1.6万円でRAM3GB搭載スマートウォッチ『KOSPET Prime 4G』が先行セール開催中 #GearBest

次世代バッテリーの性能によってはスマートフォンは腕に着けておくとい

→もっと見る

PAGE TOP ↑