Moto G4 Plus の水没テストやSIMカード取り外しなどハンズオン動画レビュー

公開日: : Motorola , ,

 デュアルSIMカードで3G+LTE回線の同時待受ができるデュアルスタンバイながら低価格で実用的なスペックを持った『Moto G4 Plus』のハンズオン動画が公開されています。

 防滴ナノコーティングが施されているほか、SIMカードの取り外し方、ストレージ状況などがわかりました。

Moto-G4-Plus.handson-9

Moto G4 Plus のハンズオン動画レビュー

 はじめに『Moto G4 Plus』の防水テストを行っている動画です。

 この動画では『Moto G4 Plus』を浅いボールに入れて実験しているのでバスタイムで浴槽に落とした時の参考にはならないと思いますが、最後までディスプレイがブラックアウトすることなくテストを終えていました。

 しかし、次のようにパックパネルにまで水が入ってしまうようです。

Moto-G4-Plus.handson-10

 バッテリーの隙間はもちろん、SIMカードやMicroSDカードなども心配ですね。内部まで浸水していないと良いのですが、、、。

開封・ハンズオン動画レビュー

 他にも『Moto G4 Plus』の開封動画が2件ありました。

 

インターフェイス

Moto-G4-Plus.handson-3

 天面には3.5mmイヤホンジャックがありました。

Moto-G4-Plus.handson-4

 正面から左側面に電源/音量ボタン。

Moto-G4-Plus.handson-2

 USB Type-CではなくMicroUSBケーブルなのが残念ですね。高速充電はサポートしています。

SIMカードの取り外し方

 先ほどのMicroUSBポートがある隣に背面パネルを開くための加工が施されており、そこからパネルを外すとSIMカードスロットとMicroSDカードスロットが現れます。

Moto-G4-Plus.handson-5

 デュアルSIMカードスロットの場合はSIMカード兼MicroSDカードスロットとなっているタイプをよく見かけますが『Moto G4 Plus』は別々になっています。

ライト機能

Moto-G4-Plus.handson-1

 『Moto G4 Plus』を強く振ると背面LEDライトが点灯、簡易的な懐中電灯として使えます。

ソフト面、空きストレージ

Moto-G4-Plus.handson-6

 『Moto G4 Plus』はAndroid 6.0 marshmallowをプリインストールしています。

Moto-G4-Plus.handson-7

 『Moto G4 Plus』の開封直後と思われるストレージ状況、32GBモデルでAndroid OSに6.62GBが使用されており、内部ストレージは25.38GBが割り当てられ、そのうち820MBが使われているようです。トータルで7.42GBを使っているとの事。

 『Moto G4 Plus』のスペックと予約価格・発売日は過去記事より確認できます。

 前回の話
 →3G+LTE同時待受の『Moto G4 Plus』は買いか、レビュー・スペック・注意点から考える

よく一緒に閲覧される記事

モトローラが通信4社対応で2万円台~6.4型moto g8 / g8 powerを発表、発売日・価格

モトローラ・モビリティ・ジャパンは4月21日、同社のmoto gシリー

次世代スマホの原型か、Motorola razrのハンズオン動画・レビュー

ポケベルからPHSを経て、今ではガラケーと呼ばれる折り畳み式の携帯

Motorola razrは2月6日に発売へ、折り畳みディスプレイ搭載スマホ

発売延期が発表されている『Motorola razr』がVeriz

→もっと見る

PAGE TOP ↑