ソフトバンク、格安スマホ向け回線料を3割超引下げへ―大手3社の接続料

公開日: : ソフトバンク ,

 ソフトバンクが格安スマホ事業社向けに貸し出す通信回線の接続料を2017年4月から3割超えで引き下げる検討に入ったと日本経済新聞が報じました。

softbank-news-161019

ソフトバンク、格安スマホ向け回線料を3割超引下げへ

 現在の格安SIMカードや格安スマホを展開しているMVNO各社が採用している通信回線はNTTドコモが最も多くなっていますが、その理由として大手通信3社で最も接続料が安い事が以前より伝えられていました。

大手通信3社の接続料

 日本経済新聞によると接続料は総務省の計算式に従って取り決めており、15年度の毎秒10Mbps当たりの料金は次のようになっているとのこと。

  • NTTドコモ:月額785,000円
  • KDDI au:月額968,000円
  • ソフトバンク:月額1,167,000円

 接続料が最も高いソフトバンクが3割超えの引き下げを行うことでドコモ並となれば、KDDI au も引き下げを迫られるとして、格安スマホの普及が期待できると伝えています。

 総務省の有識者会議や格安スマホ事業社の話などは次のリンクより確認できます。

 Source:日本経済新聞

よく一緒に閲覧される記事

ソフトバンクの2年縛りなし/解約金なし新料金プランで最安プランを探す。価格表のカラクリ

ソフトバンクは9月6日、契約期間と契約解除料もない新しい料金プラン

ソフトバンクが「2年縛り」を2019年9月から廃止へ、ワイモバイルも

産経新聞は9月5日、ソフトバンクが携帯電話料金の契約で定めている「

ソフトバンクが1年間980円の「スマホデビュープラン」発表、月1GBに5分かけ放題+PyaPayキャンペーンも

ソフトバンクは5月8日、ガラケーからスマートフォンに変更する人を対象に

→もっと見る

PAGE TOP ↑