Qualcomm、『Snapdragon 835』発表―10nmチップ採用で40%省電力化

 Qualcommは11月17日、Samsung製の10nm FinFETプロセス採用の次世代プロセッサ『Snapdragon 835』を発表しました。

-snapdragon-835.-feature

Qualcomm、『Snapdragon 835』発表

 Qualcommが発表した『Snapdragon 835』はSamsungの10nmチップを採用、現行の「Snapdragon 821」が採用する14nmチップと比べてパフォーマンスが27%向上、消費電力を最大40%削減、バッテリー寿命を大幅に延ばす事ができるとしています。

 今回は10nmチップ採用までが伝えられ『Snapdragon 835』の詳細は明らかにされていませんが、RAM8GBまでサポートする可能性が過去に伝えられています。

 2016年10月に入りインドの輸出入データベースで『Snapdragon 835』と思われるチップ「MSM8998」が発見されるという情報がありました。 

 先日は「OnePlus 4」のスペック情報にまつわる噂で「Snapdragon 830(または835)」を搭載するという話題がありました。→RAM8GB+Snapdragon830搭載か、「OnePlus 4」のスペック(噂)

 処理性能が高くなり、かつ省電力化でスマートフォンの駆動時間が長くなる可能性を秘めた『Snapdragon 835』のは2017年上半期に出荷される予定となっています。

 Source:Qualcomm

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑