JDI、折り曲げられるフレキシブル液晶ディスプレイ「FULL ACTIVETM FLEX」開発を発表

ジャパンディスプレイ(JDI)は1月25日、プラスチック基板を用いた5.5インチのフルHD(1,920x1,080)液晶ディスプレイ『FULL ACTIVETM FLEX』を開発、2018年の量産化を目指す事を発表しました。

JDI-News-170126

JDI、「FULL ACTIVETM FLEX」開発を発表

JDI-News-170126.2

「FULL ACTIVETM FLEX」はTFT形成基板を従来のガラスからプラスチックに変える事で超薄型化構造を実現、落下衝撃による基板の割れを防止するだけでなく、その柔軟性を活かして曲面形状を容易に形成できることからデザインの自由度を大幅に拡大することが可能になるとしています。

また、JDIが開発してきた低周波駆動技術により、通常の60Hz駆動だけでなく15Hzまでの低周波駆動にも対応、消費電力低減をサポートするとしています。

JDI-News-170126.1

JDIは「FULL ACTIVETM FLEX」について2018年の量産化を目指す方針である事を明らかにしました。

また、同技術を新たなプラットフォーム技術の1つと位置づけ、スマートフォンだけでなくノートパソコンや車載製品などの展開も検討するとしています。

JDIは2016年8月に4辺ベゼルレス液晶ディスプレイの開発を発表していました。
JDI、5.5インチの4辺ベゼルレス『Full Active』液晶ディスプレイを開発

前回のJDI
JDIがスマートフォン向け見開き液晶パネル開発、2017年夏に中国メーカから発売へ

ジャパンディスプレイの記事一覧

Source:JDI

よく一緒に閲覧される記事

新型Nintendo Switchが2020年Q1より量産開始か、6月にもリリースへ

台湾メディアDiGiTimesは現地時間1月6日、任天堂が2020

新規格『Wi-Fi 6E』発表、新たに6GHz帯域を追加

Wi-Fi Allianceは現地時間1月3日、新たに6GHz帯を

Cheero、最大60W出力など3つのモバイルバッテリー発表・価格

ティ・アール・エイは12月12日、最大60W出力や本体への18W充

→もっと見る

PAGE TOP ↑