ペン・LTEキーボード付き『Alcatel Plus 12』発表、11.6型2in1タブレットのスペック・対応周波数 #MWC2017

TCL Communicationはスペインで現地時間2月27日、MWC 2017にて4G LTE通信をサポートした着脱式キーボードが付属する11.6型2in1タブレットPC『Alcatel Plus 12』を発表しました。

TCL-aplus12_01

TCLが『Alcatel Plus 12』発表、スペック

『Alcatel Plus 12』はIntel Celeron N3350デュアルコアプロセッサにメモリ4GB、ストレージは最大128GB/標準64GB(32GB eMMC+埋め込みMicroSDカード32GB)+外部メモリとしてMicroSDカードスロット最大128GB対応を備えたフルHD解像度の11.6型2in1タブレットPC。

TCL-aplus12_04

インターフェイスはUSB Type-C、microHDMI、microSDカードスロット、前面500万画素カメラ。タブレット部の通信はWi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2をサポートしています。

本体サイズは284 x 175 x 7.9mm、重量596gでバッテリーは6900mAhを搭載。

タブレットで指紋認証センサーを搭載

TCL-aplus12_05

タブレットの側面には指紋認証センサーが確認できます。恐らくXperiaと同じように電源ボタンに内蔵されているタイプと思われます。

ペン入力をサポートの可能性

TCL-aplus12_03

TCLのプレスキットを見る限りキーボードにペンホルダーがあり、1つ以上のボタンを備えたスタイラスペンの存在が確認できます。スペックシートに記載はないため標準付属ではないと思われますが、筆圧検知に対応するのかは不明です。

(追記)

N-Trigスタイラスペンと思われます。

テザリング出来る「LTE Keyboard」

最大の特徴は”LTE Keyboard”と呼ばれる着脱式キーボードで、その名の通り4G LTE通信をサポートしていますが、さらに単体でCPU「Qualcomm MDM9207, Cortex A7 1.2GHz,」、ストレージ256MB NAND flash + RAM 128MB LPDDR2を搭載しています。

通信速度は下り最大150Mbps/上り最大50MbpsでWi-Fi 802.11 b/g/n をサポートしテザリングは最大15台までサポートするとしています。

Bluetoothはサポートしていないほか、7PINコネクタでタブレットと接続しますがLTE接続はWi-Fi経由になるようです。

対応周波数

  • LTE: B3/7/20/38/40 for MEA;
  • UMTS: B1/8 for MEA
  • FDD LTE, HSPA+, HSUPA, HSDPA, UMTS

LTE Keyboardの本体サイズは287.5 x 186 x 2.8~6.9mm、重量365g。バッテリーは2580mAhを搭載しています。

インターフェイスはフルサイズUSBx1基、MicroSIMスロットx1基、4G通信ON/OFFボタン。

TCL-aplus12_02

カラーバリエーションはシルバー、サイデラルグレーの2色展開、発売日や価格は明らかにされていません。

よく一緒に閲覧される記事

E-Ink/ワコムな13.3型『BOOX Max3』発売、サブモニター機能などスペック・価格

FOXは2月3日、E-Inkディスプレイとワコム製スタイラスペンを

ONYXがE-ink仕様のスマートフォン開発中 #CES2020

ONYXは電子ペーパー仕様のスマートフォンを諦めていないようだ。同

4GHz駆動で安めな『One Mix 3S+』発表、3Sとのスペック差・価格・クーポン

ONE-NETBOOKより最大4.0GHzクロックというIntel

→もっと見る

PAGE TOP ↑