Microsoft、軽量版「Windows 10 S」発表―夏から各メーカーから搭載PC発売へ

公開日: : Windows

Microsoftは米国時間5月2日、教育関連イベント「Learn what’s next」においてWindows 10 の軽量版となる「Windows 10 S」を発表しました。

windows-10-s

Microsoft、軽量版「Windows 10 S」発表

『Windows 10 S』の「S」はStreamlined、Secure、Superior performance、Soulの頭文字を意味しており、教育向け仕様となっています。対抗するGoogleのChrome OSと同様、アプリストア「Windows Store」から入手するUWPアプリのみ利用できるほか、Windows 10 Proよりも高速にログインできるとしています。

Microsoftは「Office 365 Personal」をWindows Storeでリリースしました。

Windows 10 Proアップグレードに対応

『Windows 10 S』はWindows Store経由でWindows 10 Proへアップグレードすることが可能となっており、教育関係者であれば無償、一般ユーザーは49ドルとなっています。

Windows 10 education PC

今年の夏に向けてASUS、Dell、富士通、東芝、HP、Acerなどパートナーから『Windows 10 S』を搭載した「Windows 10 education PC」が価格は189ドルから発売される予定となっています。

これらの端末ではマインクラフト教育エディション1年分の無料加入権が付属するほか、「Microsoft Teams」を含めた「Microsoft Office 365 for Education」が無料で使えるとしています。

興味深いのはUSBメモリに設定を保存することで別の『Windows 10 S』端末に差し込むだけで環境を整えてくれる機能があります。

続報
Microsoft、13.5型ノートパソコン版Surfaceを5/2発表へ/画像リーク

よく一緒に閲覧される記事

Windows 10 最新ビルド18970発表、2in1タブレットの操作性が向上

Microsoftは米国時間8月29日、Windows Insid

2019年4月度:Windows向けウィルス対策ソフトのランキング、MSがトップ評価に

ドイツのセキュリティ専門会社AV-TESTが2019年4月度のWi

5分でLumiaスマホにWindows 10導入、Lumia 950 XL向けROMリリース

Windows 10がARMプロセッサでも動作するようになり、そこへ終

→もっと見る

PAGE TOP ↑