Microsoft、ARM版Windows 10動作デモを公開

公開日: : Windows

Microsoftは5月12日、Build 2017のセッションにおいて『Windows 10 on ARM』の約13分にわたるデモ動画を公開しました。

ARM-Windows-10-demo

Microsoft、ARM版Windows 10動作デモを公開

ARM版Windows 10動作デモではWin32アプリがフルサポートされたエミュレーションを披露、アプリの起動や操作も見ている限り遅延なく動いています。

デモ端末はQualcomm Snapdragon 835(@1.90GHzx8コア)+メモリ4GBという仕様で、OSは「Windows 10 Pro Insider Preview」がプリインストールされていました。スクリーンは10点マルチタッチをサポート。

デモではEdgeブラウザで高速スクロールする様子やオープンソースの圧縮解凍ソフト「7-Zip」をインストールしてファイル操作、市販のカメラをUSB接続し認識させて使うといったことが行われていました。

前回のARM版Windows
ARM版Windows 10搭載PCは2017年内に発売予定、常時接続セルラーPCへ

前回のWindows 10
Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」正式発表―新機能が明らかに

よく一緒に閲覧される記事

ATM/POS等に危険迫る、WindowsXPなどのソースコード漏洩か

銀行のATMやクレジットカード決済を行う際のPOSシステム、組み込みデ

Windows 10Xのエミュレータ公開、Touch Barな機能など2画面OSが体験可能に

Microsoftは米国時間2月11日、2020年内にリリース予定

Windows 12 Liteが発見される。

Windows 7のサポートが2020年1月14日に終了し、最新O

→もっと見る

PAGE TOP ↑