Androidの父が5.71型『Essential PH-1』発表、ベゼルレス・拡張モジュールなどスペック・価格

公開日: : スマートフォン ,

「Androidの父」と呼ばれるAndy Rubin氏がGoogle退社後に設立したEssentialよりモトローラのような拡張モジュールに対応し、ベゼルレス仕様の5.71インチ『Essential PH-1』が発表されました。価格は699ドル。

essential-ph-1

『Essential PH-1』のスペック・価格

『Essential PH-1』は見た目から違いがあり、ディスプレイは3面の縁が狭いベゼルレス仕様で画面サイズは5.71インチ、解像度は2560x1312と高くなっています。

essential-ph-1.1

ディスプレイはCorning Gorilla Glass 5で保護され、手のひら検知、水滴によるエラー検知を備えます。

拡張モジュール・カメラ性能

背面にはパワーピンと呼ばれる拡張モジュールに電源を供給する限りなく目立たないピンを備えています。

essential-ph-1.2

上図は世界最小を謳うパーソナル360度カメラ。

拡張モジュールとはマグネットで吸着し、近接無線データ通信コネクタで『Essential PH-1』と連携します。

背面には指紋センサー、1300万画素+Monoカメラのデュアルカメラが配置されています。

筐体はチタン製

筐体はアルミニウムではなく傷ついたり、へこんだり、曲がったりしないチタンを採用、ロケット製造や人工骨に使われるほど頑丈で同社がスマートフォンケースを販売しない理由であるとしています。

essential-ph-1.4

チタンはアルミニウムよりも硬く、強く、弾力があるとのこと。

通信・対応周波数

Wi-Fiは802.11a/b/g/n/acに対応、Bluetooth 5.0LEサポート。NFCを搭載し、対応周波数は次のようになっています。

  • UMTS/HSPA+: 1, 2, 4, 5 6, 8
  • GSM: 850, 900, 1800, 1900 MHz
  • CDMA EV-DO Rev. A: 0, 1, 10
  • FDD-LTE: 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 11, 12, 13, 17, 20, 21, 25, 26, 28, 29, 30, 66
  • TDD-LTE: 38, 39, 40, 41, 42, 43
  • TD-SCDMA: 34, 39

SIMサイズはNano SIM、GPSおよびGLONASSをサポートしています。

スペック、主な仕様

 タブクル調べ
 tabkul.com
Essential PH-1
OS Android 7.1.1
CPU Qualcomm Snapdragon 835/Adreno 640 GPU
RAM 4GB
ストレージ 128GB UFS 2.1
液晶 5.71インチLTPS LCD
解像度 2560×1312, 19:10
前面カメラ 800万画素 f2.2
背面カメラ 1300万画素 f1.85+Monoカメラ
Wi-Fi 802.11a/b/h/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0 / NFC
USB USB Type-C
サイズ  141.5 x 71.1 x 7.8mm
重さ 185g
バッテリー 3040mAh

価格・カラーバリエーション

essential-ph-1.3

『Essential PH-1』のカラーバリエーションはブラックムーン、ステラ―グレー、ピュアホワイト、オーシャンデプスの4色展開となっています。価格は699ドル(約7.75万円)。

同時発表されたスマートホームアシスタント「Essential Home」とも連携が可能となっています。

Source:Essential

よく一緒に閲覧される記事

2.0型『Punkt. MP02』が日本で8/8発売、価格

Punkt.(プンクト)はスマートな携帯電話『Punkt. MP0

約4,500円の5型スマホが発売、背面デュアルカメラなどスペック

日本のアマゾンでも見かける中国メーカーHOMTOMが定価39.99ドル

3.3型『Palm Phone』が日本上陸、アマゾンや家電量販店で発売へ・日米の価格・発売日

2018年にベライゾン専用としてリリースされた手のひらサイズと「Pal

→もっと見る

PAGE TOP ↑