ソニーネットワークコミュニケーションズ、MVNE事業でソフトバンク回線を提供開始

公開日: : ソニー ,

ソニーネットワークコミュニケーションズは10月24日、MVNE事業者において従来のドコモに加えてソフトバンク回線の提供を開始したと発表しました。

sonynetwork-news-20171025

ソニーネットワークコミュニケーションズ、マルチキャリアMVNE事業者に

ソニーネットワークコミュニケーションズが同社のネットワークとソフトバンクのネットワーク間でレイヤー2接続を完了し、マルチキャリアMVNE事業者として従来のNTTドコモ回線に加えて、ソフトバンク回線の音声機能付きデータ通信SIM、データ通信専用SIMの提供を10月24日より開始すると発表しました。

ソニーネットワークコミュニケーションズは、2013年よりMVNE事業者として、NTTドコモのLTE/3Gネットワークを利用したデータ通信サービスを提供、今回ソフトバンク回線の追加により、同社と連携して通信サービスを提供するMVNO事業者は、ソフトバンク回線とNTTドコモ回線の両方をエンドユーザーへ提供できるとしています。

ソフトバンクのSIMロック状態iPhone/iPadで利用可能に

SIMロック解除済みやSIMロックフリーの端末で利用可能なSIMカードに加え、ソフトバンクのSIMロックがかかっているiPhone/iPadでも、SIMロック解除の手続きなしでSIMカードが利用可能になります。

ソフトバンク回線で店頭即日開通や、自宅MNP開通が可能に

ソフトバンクの無線ネットワークを利用してSIMカードに電話番号などの情報を書き込む機能「OTA」(Over The Air)を利用することで店頭の即日開通や、ユーザー自身による自宅などでMNP開通作業が可能になるとのこと。

同社はドコモ回線を用いたMVNOサービス「nuroモバイル」を展開していますが、同サービスからの発表はありません。

Source:SONY

よく一緒に閲覧される記事

ソニーが折り畳み画面スマホを2019年12月にリリースか、一部スペック

ソニーがGalaxy FoldとHuawei Mate Xのライバ

ソニーが瞳AFx3眼レンズの6.5型『Xperia 1』を国内披露、本格カメラ仕様で差別化

ソニーモバイルコミュニケーションズは4月16日、新たなフラッグシップ・

Sony Xperia 1 発表、世界初4Kスマホ・背面トリプルカメラに瞳AFなどスペック

ソニーモバイルコミュニケーションズは2月25日、スペインバルセロナで開

→もっと見る

PAGE TOP ↑