PCモード/防水6.0型『Huawei Mate 10 Pro』発表、スペック・価格・発売日

公開日: : Huawei(ファーウェイ)

ファーウェイ・ジャパンは11月28日、世界初4GのデュアルSIMやマルチウィンドウ・マルチタスクに対応するPCモード、防塵防水IP67に準拠したハイエンドモデル約6インチSIMフリーAndroidスマートフォン『Huawei Mate 10 Pro』を日本市場へ投入することを発表しました。

発売日は12月1日、市場想定価格は89800円+税。

Huawei-Mate-10-Pro.01

『Huawei Mate 10 Pro』のスペック・価格・発売日

Huawei-Mate-10-Pro

『Huawei Mate 10 Pro』はAIプロセッサを内蔵した新世代スマートフォンとして2017年10月にドイツで発表されたばかり、日本市場への投入も明らかにされていましたが、予想よりも早い展開となっています。

AIプロセッサ搭載

Huawei-Mate-10-Pro.06

最大の特徴としているのがAI処理を専門に行うNPUを含めた「Kirin 970」(4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53) + i7 コプロセッサを搭載、対応UIとなる「EMUI 8.0」と組み合わさることで一般的なクラウド処理によるAIではなく、端末で行うローカル処理を実現、翻訳も高速化されるとしています。

また、オープンなAI環境であり、サードパーティ製アプリもAI処理を利用した高速化を実現できるとしています。

狭額縁ディスプレイ

Huawei-Mate-10-Pro.09

画面サイズ6インチでFHD+という2160x1080解像度からもわかりますが、Galaxy S8風の狭額縁ディスプレイとなっています。

Huawei-Mate-10-Pro.02

アスペクト比は18:9、画面占有率はベゼルレスを謳うiPhone Xの81.36%を超える81.61%としています。

また、ディスプレイはキズや埃に強いゴリラガラスを始めるとする5層で高級感を演出しています。

防水仕様

Huawei-Mate-10-Pro.03

防塵防水IP67に準拠しています。

デュアルカメラ

Huawei-Mate-10-Pro.04

f/1.6の明るいLeicaレンズを採用した1200万画素カラー+2000万画素モノクロのデュアルカメラを搭載、光学式手振れ補正(OIS)も搭載しています。前面には約800万画素カメラを搭載。

世界初デュアル4G

Huawei-Mate-10-Pro.07

SIMスロットにはNanoSIMx2枚が挿入できるデュアルSIM仕様、さらにデュアル4G/VoLTEの待ち受けができるとしています。VoLTEはソフトバンクのみ対応。

PCモード

Huawei-Mate-10-Pro.05

専用のドックなしで利用可能なマルチウィンドウに対応したPCモードを搭載、インターフェイスUSB 3.1 Type-C (DisplayPort 1.2 対応)を利用します。

その他、スペック

Wi-Fiは802.11a/b/g/n/ac (2.4/5.0GHz)、Bluetooth 4.2対応。メモリは6GB、ストレージは128GB、背面には指紋センサーを備えます。

本体サイズは約154.2 (H) x 74.5 (W) x 7.9 (D) mm、重さは約178g(バッテリー容量4000mAh)。

価格・発売日・カラーバリエーション

Huawei-Mate-10-Pro.08

『Huawei Mate 10 Pro』のカラーバリエーションはミッドナイトブルーとチタニウムグレーの2色展開、発売日は12月1日、市場想定価格は89800円+税となっています。

同時発表のタブレット端末へ
防水・フルセグ10.1型『HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp』発表、価格・スペック

よく一緒に閲覧される記事

2/1発売の『HUAWEI nova lite 3』が早くも特価、任意契約SIMセットがオトクに

ファーウェイジャパンが1月30日に発表したばかりの最新スマートフォン『

Huawei、2/24に折り畳み画面スマホ発表へ・ティザー画像を公開 #MWC2019

Huawei Mobileは2月4日、今月に開催される「Mobile

低価格でパワフルなSIMフリー『HUAWEI nova lite 3』発表、スペック・発売日

ファーウェイ・ジャパンは1月30日、コストパフォーマンスの高いSIMロ

→もっと見る

PAGE TOP ↑