QualcommとMicrosoft、正式に『ARM版Windows』を発表

公開日: : Windows , ,

Qualcommはハワイで現地時間12月5日より開催している「Snapdragon Tech Summit 2017」においてARMベースのWindows 10を正式に発表しました。

Qualcomm-Windows-on-ARM

Qualcommが『ARM版Windows』を正式に発表

QualcommのイベントにはMicrosoftのテリー・マイヤーソン氏やASUS、HPも招かれており、Snapdragon 835搭載ノートパソコンが発売されることが改めて告知されました。

“always connected PC”構想を掲げた4G LTE通信を特徴とするARM版Windowsは、バッテリー駆動時間が長いことも特徴としています。

ASUSからはノートパソコン「NovaGo」が発表され、メモリ4GB+64GBモデルが599ドル、8GB+256GBもでるが799ドルになる予定としています。また、HPからは「HP ENVY x2」が2018年春リリース予定であることが明らかにされました。

Lenovoは2018年1月初めに開催されるCES 2018で発表する予定としています。

前回のWindows
マイクロソフト、Qualcommに続きNVIDIAにWindows 10を要請か

Source:Qualcomm

追記

ASUSのARM版Windows搭載ノートパソコンが発表されています。
ペン対応『ASUS NovaGo』発表、Snapdragon搭載Windowsの価格・一部スペック・発売国・発売日

よく一緒に閲覧される記事

Windows 10Xのエミュレータ公開、Touch Barな機能など2画面OSが体験可能に

Microsoftは米国時間2月11日、2020年内にリリース予定

Windows 12 Liteが発見される。

Windows 7のサポートが2020年1月14日に終了し、最新O

Chromium版『Microsoft Edge』の日本語版ダウンロードと感想・レビュー

Microsoftが米国時間1月15日に提供を開始したChromi

→もっと見る

PAGE TOP ↑