Android Pは複数画面やノッチに対応か、お菓子名についても

公開日: : Android

Googleのモバイル向けOS「Android」の次期バージョン「P」について、折り畳み2画面スマホやiPhone Xのようなノッチにネイティブでサポートする可能性が伝えられました。

Oukitel-U18

iPhone XクローンのAndroidスマートフォン「Oukitel U18」

Android Pは複数画面やノッチに対応か

Bloombergは現地時間2月12日、Googleの状況に詳しい人物の話として、次期Androidバージョン「P」が新たにiPhone Xのようなベゼルレス端末が持つ”ノッチ”と呼ばれるカメラ等により、ディスプレイが一部かけてしまう状態や、ZTE AXON Mのデュアルディスプレイをはじめとした複数のディスプレイを持つ端末もネイティブでサポートする予定だと伝えました。

まだ少数派ともいえる端末をサポートする理由について、AppleのiOSとは異なりOS最新バージョンへのアップデート率が低いことが挙げられています。

GoogleのAndroidはカスタマイズが容易なため、世界中で様々な端末に独自カスタムを施した状態でプリインストール・出荷されています。それを維持するには各メーカーがAndroidアップデートに対応しなければなりませんが、実際は迅速なアップデートができず、脆弱性への対応が遅れている状態です。

そこへきて最近のベゼルレス、デュアルディスプレイ、折り畳みディスプレイなどの新技術を搭載する流れが来ており、それらを各メーカー独自仕様でカバーしてしまうとOSアップデートが更に遅れる可能性が考えられます。

そのため2画面以上のディスプレイやノッチを持つ端末をAndroidでネイティブサポートするようです。

これにより各メーカーのOS更新に関する負担が軽くなり、ユーザーも安全に、そしてGoogleもアップデート率をあげることができます。

同メディアはGoogle広報にコメントを求めましたが回答は得られなかったようです。

ちなみにAndroid Pの菓子名(コードネーム)は「Pistachio Ice Cream」(ピスタチオ アイスクリーム)が候補ではないかとも噂されています。

なお、記事冒頭に掲載したiPhone XクローンのAndroidスマートフォン「Oukitel U18」はGearBestで連絡受付中で予定価格はRAM4GB+64GBモデルが20367円となっていました。

Source:Bloomberg via GearBest

よく一緒に閲覧される記事

Googleが『Android10』(Android Q)をリリース、10個の目玉機能

米Googleは現地時間9月3日、これまでAndroid Qとして

Android端末をroot化する7つのメリット、デメリット

Fire HD 8 タブレット(2018)モデルでroot化できる

次期Android Qで進むPC化、マルチディスプレイを「デスクトップモード」で実装へ

Googleは次期モバイルOS「Android Q」において新たに

→もっと見る

PAGE TOP ↑