Jelly Pro 購入レビュー、カメラ撮影やAntutuスコアとソフトバンクSIMカードの話

2.45インチの世界最小スマートフォンJelly Proの購入レビュー、今回は太陽の下でもディスプレイが表示できるのか、カメラでの撮影、ソフトバンクSIMを入れた話を記録します。

Jelly-Pro-review-IMG_9804

Jelly Pro 購入レビュー

Jelly Proを公園に持ち出してディスプレイの明るさをチェック、記事冒頭の画像からもわかりますが晴天に恵まれていました。光の反射などを抑えた状態であればクッキリと見えるわけではありませんが、IPS方式だけあってAndroidの操作が可能なほど認識できる状態でした。

背面カメラで撮影

IMG_20180220_140920

背面カメラで落ち葉を撮影しました。メモ用の撮影だけでなく旅先で思い出の記録としても使えそうですね。

Antutuスコア

Jelly-Pro-review-IMG_9834

ベンチマークソフトAntutuを実行したところ映像再生時にカクカク表示となっていました。スコアは45308ポイント。

2.45インチで本格ゲームをしたいというユーザーはいないと思うので申し分ない結果だと思います。

ソフトバンクSIMカードの話

Jelly-Pro-review-IMG_9839

Jelly ProはSIMカードの抜き差し時にSIMピンは不要ですが、バッテリーパックを外す必要があります。SIMトレイは上図のように抑え部分をスライドさせてから跳ね上げ、SIMカードを装着後、抑えを畳み再びスライドするといった流れでした。

Screenshot_20180220-182552

Jelly Proを起動すると上図左にあるような3Gマークが表示されました。設定メニューからSIMスロットを見るとソフトバンクと契約した電話番号が表示されます。

この状態で電話をかけてみたところ、問題なくつながりました。

Screenshot_20180220-182631

次にWi-FiをOFFにしてブラウザChromeを起動、タブクルを表示させようと試みましたが繋がりません。ネット検索したところSIMフリー端末向けのソフトバンクAPNという情報があったので試しましたが結果は変わらず残念ながらネット接続できませんでした。

ソフトバンク店頭でJelly ProをSIMフリー端末として機種変更をお願いすれば解決しそうですが、バックアップ目的のスマートフォンですから実行していません。

Unihertz Jelly Proの価格、レビュー数

昨日注文した時はレビュー数1件でしたが、6件、さらに9件まで増えていました。

注文したパールホワイトが一番人気のようで昨日から売り切れ、値上がりしてますね、、、。

Unihertz Jelly Pro, 世界最小の4Gスマートフォン, 2GBのRAM と 16GBのROM を搭載したAndroid 7.0 Nougat ロック解除された, 白

Unihertz Jelly Pro, 世界最小の4Gスマートフォン, 2GBのRAM と 16GBのROM を搭載したAndroid 7.0 Nougat ロック解除された, 白Unihertz

価格: 13,799円

レビュー:6件(2018/02/18現在)



 

前回の話
世界最小LTEスマートフォン『Jelly Pro』購入、重さなど開封レビュー
世界最小LTEスマートフォン『Jelly Pro』を注文した話、動画
技適あり、世界最小LTEスマホ『Jelly Pro』が日本で販売開始―価格・対応周波数

最新のJelly Pro記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

約4,500円の5型スマホが発売、背面デュアルカメラなどスペック

日本のアマゾンでも見かける中国メーカーHOMTOMが定価39.99ドル

3.3型『Palm Phone』が日本上陸、アマゾンや家電量販店で発売へ・日米の価格・発売日

2018年にベライゾン専用としてリリースされた手のひらサイズと「Pal

7,480円のSIMフリーガラケー『un.mode phone 01』の一般予約スタート

クラウドファンディング「Makuake」(マクアケ)で出資者を募集して

→もっと見る

PAGE TOP ↑