iFixitが『iPad 6』(第6世代/A1893)を早くも分解、RAM2GB搭載ほか

公開日: : Apple , ,

リペア会社iFixitがAppleが先日リリースした第6世代iPad(型番A1893)を早くも分解し内部のパーツが判明しました。

iPad-6-Teardown

iFixitが『iPad 6』(第6世代)を分解

iFixitのレポートによると第6世代iPadは低価格ということで予想通り第5世代から僅かな違いに留まっているようです。

大きなとなっているのは、やはりディスプレイとSoCでタッチスクリーンコントローラーは10.5インチと12.9インチのiPad Proと同じ仕様になっている模様、SoCはiPhone 7と同じApple A10 Fusion APL1W24 SoCだったとのこと。

iPad-6-Teardown.1

iPad 5と同じ仕様だったのはストレージは東芝製32GBフラッシュメモリ、バッテリー容量8827mAh/32.9Whでした。iFixitはバッテリーが同じなのはすぐに交換用バッテリーが入手できるため朗報だとしていました。

そして修理難易度は最も簡単な10からは程遠い2というスコアになりました。消費者が自ら修理するのはあきらめたほうがよいかもしれません。その理由は接着剤の多様で特にバッテリーの交換は困難とのこと。

分解の様子はiFixitのページより確認できます。

Source:iPad 6 teardown

よく一緒に閲覧される記事

Apple、米国で『iPhone SE』を値引きして販売を再開・最大16500円OFFに

Appleは2018年9月に販売を終了したSIMフリー版『iPhone

ワイモバイルが『iPhone 6s』を一括500円などに緊急値下げ、新規・MNP向け

Y!mobile(ワイモバイル)が販売している『iPhone 6s』の

次期iPhone XS Max、光学3倍ズームや15Wワイヤレス充電など搭載か

2019年秋リリースの次期iPhone XS Maxについて15Wワイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑