ソフトバンク、国内エリア100%の衛星電話を月4900円で提供へ

公開日: : ニュース

ソフトバンクモバイルは、衛星電話サービスについて料金を発表しました。

料金プランは「衛星電話バリュープラン」「衛星電話プラン」の2種類で4900円から。

提供会社、2月下旬以降を予定とのこと。

サービスエリアは、北南米等の一部の地域を除く全世界が対象で

日本国内のエリアカバー率は100%ということです。

SoftBank201TH

ソフトバンク、衛星電話を月4900円で提供へ

ソフトバンクモバイルの衛星電話サービスは、昨年2012年12月に告知していました。

ドバイの Thuraya Telecommunications Company社が保有するネットワークを利用。

サービスエリは北南米等の一部の地域を除く全世界が対象で

日本国内のエリアカバー率は100%と従来の携帯電話よりも広いのが特徴です。

ソフトバンク 衛星電話の料金

料金プランは「衛星電話バリュープラン」「衛星電話プラン」の2種類。

  • 衛星電話バリュープラン:4,900円(無料通信分1,000円)
    契約期間は2年間で自動更新。
  • 衛星電話プラン:9,800円(無料通信分1,000円)
    契約期間なし。

両プランとも通話料160円/分でSMS通信料70円/通

データ通信2円/KBとなっています。

ソフトバンク 衛星電話の端末・デバイス

衛星電話サービス対応の端末は「SoftBank 201TH」で

本体サイズは、約53×128×26.5mm 重量は約193gとなっています。

音声通話/SMS/データ通信(ダイヤルアップのみ)が利用可能。

連続待受時間は約80時間のほか、生活防水/防塵(IP54)とのこと。

価格については未発表です。

2月下旬以降ということで正直ひとつ欲しいですね。

編集後記

海外ドラマでお馴染みの衛星電話が身近な価格で登場しました。

気分はジャックバウワーというところでしょうか。

よく一緒に閲覧される記事

ソフトバンク、基地局からの無線給電を近く実証実験へ(日経)

ソフトバンクが携帯電話の基地局からワイヤレスで電源を供給する技術につい

ファミマの無人決済店1000店へ、地方でも出店加速

読売新聞などは9月10日、ファミリーマートがレジに従業員のいない無人決

モデルナ製ワクチンに異物混入の報告、約160万回分を接種中止 

厚生労働省は8月26日、モデルナ製COVID-19ワクチンについて

→もっと見る

PAGE TOP ↑