次期6.5型iPhoneはApple Pencilサポートか、6.1型が2.18万円安くなるとも

公開日: : Apple

2018年秋リリース予定の次期iPhoneシリーズ3機種について価格とApple Pencil相当のスタイラスペンに対応する可能性が伝えられています。

apple-ipen

次期iPhone(2018)の噂

appleinsiderはサプライチェーンからの話として、次期iPhoneの上位モデルとなるOLED版と一緒に200ドル(約2.18万円)安い価格でLCD版を提供する可能性を伝えました。

OLEDモデルと比べて200ドルも価格を抑えるためにLCDを採用することで50ドルの削減、鉄骨フレームにより20ドル削減といった感じで、背面にはシングルカメラ、フォースタッチの除去などの可能性に触れています。

また、LCDモデルにもノッチがあるそうですが、底面側に小さなベゼルを残すかもしれないとのこと。

同メディアは次期iPhoneを自動車に例えて、5.8インチOLEDモデルは「ポルシェ」で現行のiPhone Xと比べ変更点はなさそうだとしています。

さらに大きな6.5インチOLEDを「ロールスロイス」と呼び高い価格が設定され、デュアルSIMスロットを搭載するほか、Apple Pencilに近い「iPen」というスライラスペンをサポートするようです。そのアクセサリーはiPad Proと同じように付属されないとのこと。

iPenといえば2016年にアップルが米国特許庁に申請していた独自スタイラスペンの名称です。その後、iPad ProでApple Pencilがサポートされていることを考えるとiPhoneのApple Pencil対応が期待できそうです。

他にも防水性能が向上する可能性を伝えています。

Source:appleinsider

よく一緒に閲覧される記事

Apple、新しいMacBook Pro 13インチとMacBook Airを発表・発売―2機種が販売終了

Appleは7月9日、同社のノートパソコン『MacBook Pro 1

Appleが動画「iPadのマルチタスク機能の使い方」を公開

Apple JapanがiPadのマルチタスク機能を使うための解説

Apple、折り畳みiPad は2020年秋にも発売か

Appleが早ければ2020年にも折り畳み式の「iPad」を発売する可

→もっと見る

PAGE TOP ↑