次期Apple Watchは物理ボタン廃止か、ソリッドステートボタンへ

公開日: : スマートウォッチ

次期Apple Watchについて、サイドボタンとデジタルクラウンが物理ボタンからセンサー式のソリッドステートボタンに変更される可能性が伝えられています。

Apple-Watch-leaks-20180609

次期Apple Watchは物理ボタン廃止か

Fast CompanyはAppleの情報に詳しい人物から得た話として、次期Apple Watchは物理的に押し込めるボタンを廃止し、Taptic Engineによる振動で押した感触が得られるタッチセンサー式のソリッドステートボタンに変更するようだと伝えました。

この機能はiPhone 7とiPhone 8のホームボタンで採用されています。

同メディアによると早ければ2018年秋の新しいApple Watchに搭載される可能性があり、仮に採用されなかったとしても2019年モデルで搭載するだろうとしています。

Apple がソリッドステートボタンを採用する理由は防水性能の向上、物理ボタンに必要なパーツがなくなることで多くのバッテリーを積むことができるようになるからと推測されています。

Apple Watch購入ユーザーであれば、最近のiPhoneを使用してホームボタンでTaptic Engineの振動を慣れている可能性が高く、この情報が本当であっても大きな混乱にはならないと思われます。

Source:Fast Company

よく一緒に閲覧される記事

速報:Apple Watch series 4発表、価格・発売日

Appleは日本時間9月13日午前2時より新製品発表イベントを開催し、

指先で通話できる時計バンド『Sgnl』(シグナル)登場、Apple Watchなどに装着可

JBSは7月19日、クラウドファンディンサイト“Makuake”におい

2枚重ねウォッチ『TicWatch Pro』発売、Google Pay対応で最大30日駆動などスペック

2枚のディスプレイを重ねることで最大30日間も駆動できるWear OS

→もっと見る

PAGE TOP ↑