MS、10インチ廉価版SurfaceをPentiumプロセッサ搭載で発売か

公開日: : Microsoft Surface ,

Microsoftが現在の Surface Pro よりも小型で安い新しい Surface タブレットを発売する計画があると噂されています。これは前回の記事で登場した FCC を通過したデバイスかもしれません。

Surface-01

廉価版10型SurfaceをPentiumプロセッサ搭載で発売か

今回も再びWinFutureのレポートで、新しいSurface タブレットは画面サイズが10インチでアスペクト比は3対2の比率でスタイラスペンと安価なSurface タイプカバー、そしてパワフルではないプロセッサを搭載しているようです。

同メディアの情報筋によると、マイクロソフトはインテルの低コストな「Gemini Lake」アーキテクチャ、または第7世代Kaby Lakeアーキテクチャを採用するとのこと。

具体的にはGemini LakeチップのPentium Sliver N5000クアッドコアとPentium Gold 4410Y or 4415Yデュアルコアチップで、いずれのチップも6Wプロセッサとなり10インチ の廉価版 Surface はファンレスマシンになるとみられています。

今回のリーク情報はどの程度信頼できるのかはわかりませんが、過去記事でも書いたGoogle Chromebook が教育業界でシェアを獲得、Apple のiPadに至っては圧倒的な人気です。マイクロソフトとしては廉価版 Surfaceで教育分野を狙っているのでしょうか。

常時接続PCの流れから考えると、4G/LTE通信の対応は期待できそうです。今後の情報に注目したいと思います。

前回の話
新しいSurfaceがFCCに掲載、遂に折り畳みタブレット『Andromeda』投入か

Source:WinFuture

よく一緒に閲覧される記事

Microsoft Store クリスマス セール開催中、SurfaceシリーズやXbox Oneなど対象

日本マイクロソフトは12月17日より在庫限りの期間限定『Microso

デュアルスクリーンSurface『Centaurus』開発中か、2019年秋に発表とも–そしてAndromedaは生きている

MicrosoftがWindows Core OSを搭載した新しいデュ

Surface Pro/Surface Laptop/Surface Goのキャッシュバックキャンペーン実施中

日本マイクロソフトは12月1日から31日までの期間限定でSurface

→もっと見る

PAGE TOP ↑