新しいSurfaceがFCCに掲載、遂に折り畳みタブレット『Andromeda』投入か

公開日: : Microsoft Surface ,

Microsoftの新しいSurfaceと思われる端末がFCC認証を通過、その資料が公開されました。Surface Proよりも省電力なモデルということでIntelリファレンス機のような折り畳みタブレットの可能性も期待されています。

andromeda-image-20180701

新しいSurfaceがFCCに掲載

ドイツのメディア”Winfuture”はFCCに新しいSurafceデバイスと関連しているような文書を見つけたとして、FCC資料に画像や図がないものの独自の調査結果を発表しています。

その端末は「Model 1824」と呼ばれ「ポータブルコンピューティングデバイス」となっています。これは過去にMicrosoftがラップトップやタブレットを通過させたときにも使われていたとのこと。

FCC-20180704

パーツ情報で読み取れたところはバッテリーの型番「G16QA043H」で、これは最後のSurface Proに搭載された中国サプライヤSMP製造のバッテリーに似ているとしています。また、バッテリーは7.5Vで動作するSurfaceとは異なり電圧7.66Vになっています。現行のSurface Pro 4は36Wですが今回の「Model 1824」は24Wと小さいのが特徴です。

OSはWindows 10 Proを採用しています。

通信モジュールにはQualcomm製品が使われており、同社のARMチップがCPU統合型であることからIntelプロセッサを搭載するだろうと伝えています。

電源が小さいのにARMではなくIntelを採用しているほか、Proではない無印モデルはSurface 3を最後に数年が経過していることから先日のIntelリファレンス機をもとにASUSやLenovoが発表した2画面折り畳みデバイス”Andromeda”ではないかと期待しています。

前回の話 (Andromedaの最新記事へ)
2画面Surface(Andromeda)の新たなイメージ画像が公開

Source:WinfutureFCC

よく一緒に閲覧される記事

日本MS、『Surface Studio 2』の発売日を1/29と発表/一般・法人向け価格 #Surface #SurfaceStudio

日本マイクロソフトは1月15日、Surfaceシリーズのオールインワン

遂に折り畳みディスプレイ向け『Windows 10 SKU』ビルドが登場、Andromeda誕生か

Windows 10の最新ビルドを追いかけているTwitterアカウン

Microsoftストア「Surface 新春キャンペーン」開始(1/31まで)

日本マイクロソフトは1月10日よりSurfaceシリーズと周辺アクセサ

→もっと見る

PAGE TOP ↑