東芝、Tegra3 / 10インチ / レグザタブレット「AT501」は約4.5万円で2月15日発表

公開日: : 東芝

東芝は、Androidタブレット「レグザタブレット(REGZA Tablet)」の最新モデル

10.1型の「AT501」を2月15日に発売すると発表しました。

店頭予想価格は約4.5万円程度とされています。

AT501-01

レグザタブレット「AT501」とは

東芝の主な用途として「テレビ視聴」が想定されています。

テレビ機器「REGZA」 や レコーダのレグザブルーレイ / レグザサーバ等で

録画した番組をストリーミング視聴できる「RZプレーヤー」や

持ち出してオフラインで視聴可能な「RZポーター」

レグザブルーレイ/レグザサーバで受信中の番組をライブ視聴する「RZライブ」など

テレビ / レコーダ連携アプリ群「レグザAppsコネクト」がプリインストールされます。

AT501-03

レグザタブレット「AT501」のスペック

  • レグザタブレット「AT501」
  • モデル名: AT501/37H (PA50137HNAS)
  • OS: Android 4.1 Jelly Bean
  • CPU: NVIDIA Tegra 3 クアッドコア 1.3GHz
  • RAM: 1GB
  • ストレージ: 32GB
  • SDスロット:あり、microSDカード最大32GBまで対応
  • 液晶画面: 10.1インチ (IPS 液晶)
  • 解像度: 1280×800(WXGA)
  • 背面カメラ:300万画素
  • 前面カメラ:120万画素
  • 通信: WiFi 802.11 b/g/n
  • Bluetooth :Bluetooth 3.0 に対応
  • センサー: GPS, Gセンサー, デジタルコンパス, 光センサー
  • 外部端子: microUSB, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー: 6750mAh(約10時間連続駆動)
  • サイズ: 261×180×10.5mm
  • 重量: 625g

AT501-02

現行の「AT500 」と似たボディで画面サイズといった仕様も共通点が多いのですが

AT501」と異なる点があります。

  • 1.5mm厚みがある
  • 35gほど重い
  • microHDMIポート非搭載
  • SDスロットが microSDへ変更

他にもカメラの画素数が下がっているなどのことから

普及を目的とした低価格タブレットという位置づけになりそうです。

発売は2月15日からで価格はオープン、予想販売価格は4.5万円程度とされています。

Source : 東芝(AT501)

よく一緒に閲覧される記事

東芝、1090gの13.3型『dynabook UX53/D』発表―指紋などスペック・発売日

東芝は6月1日、2017年PC夏モデルとして重さ1090gの薄型軽量1

30分で7時間駆動、『TOSHIBA dynabook V』シリーズ発表―スペック・価格・発売日

 東芝クライアントソリューションは12月1日、都内で開催した新製品発表

12.5型TOSHIBA dynabook RX82/A 発表、デジタイザペン2in1タブレットPCのスペック・価格・発売日

 東芝クライアントソリューションは7月12日、dynabookブランド

→もっと見る

PAGE TOP ↑