Apple、4年ぶりにMac Miniを発表かープロ向けとも

公開日: : Apple ,

Appleが今年中に低価格MacBookとプロ向けにアップグレードされたMac Miniをリリースする計画があるようだとBloombergが伝えています。

Mac-mini-20180821

Apple、低価格MacBookとプロ向けMac Miniを発表か

BloombergはAppleの新しいノートパソコンについて、画面サイズは13インチのままでMacBook Airに似ているもののベゼル幅が狭くなっており、Retinaディスプレイを搭載するだろうと伝えています。

現行のMacBook Air(1000ドル)は高解像度スクリーンではなく、昨年のアップデートでプロセッサが強化されたものの大幅なアップデートが行われていない状態が続いています。

2015年リリースの12インチMacBookはAirの代替品とも言われましたが1300ドルからという価格は消費者にとって期待とは異なったようで、今回のMacBookが低価格であれば人気機種となりそうです。

新しいMacBookは教育機関向けともいわれており、同じく教育機関を意識した第6世代iPadはiPad Proシリーズ以外で初めてApple Pencilに対応しながらも低価格を実現、MacBookも期待できそうです。

2017年Q4における米国教育機関への出荷トップは60%を独占したGoogle Chromeラップトップとなっています。

Mac Miniの話

Mac miniは2014年10月を最後にアップデートされていませんが、4年ぶりに更新される可能性が伝えられました。

同デバイスはディスプレイやキーボード・マウスなどが付属しないことから主にホームメディアセンターやサーバー管理マシンとして需要があるそうで、今回Appleは、それらのプロ向けに焦点をあわせストレージとプロセッサをアップグレードできる新しいMac Miniをリリースするようです。

ただし、現行モデルよりも高価になる模様。

しかし、何度もアップデートの話が浮上しては立ち消えしているため、続報が待たれます。

新しいMacシリーズは早ければ10月に開催するイベントで発表するとみられています。

Source:Bloomberg

よく一緒に閲覧される記事

次期iPhone SEの正体は『iPhone 9』か、3D Touch非搭載など

Appleが2020年春にリリースすると噂されるiPhone SE

次期iPhoneに『AirPods』を同梱か、他社も検討中

Appleが2020年のiPhoneに対して同社の完全ワイヤレスイ

Apple、動画「iPadOSで、できることを見てみよう」を公開

Appleは11月20日、iPadの新しい機能を備えた新OS「iP

→もっと見る

PAGE TOP ↑