ソニーが6.0型『Xperia XZ3』発表、OLEDなどスペック・発売時期 #IFA2018

公開日: : ソニー ,

ソニーモバイルは現地時間8月30日、ドイツ・ベルリンの「IFA 2018」においてプレスカンファレンスを開催し、3D曲面の有機ELディスプレイを採用したフラッグシップレンジのスマートフォン『Xperia XZ3(エクスペリア エックスゼットスリー)』を発表しました。

Xperia-XZ3-news-20180831.2

Xperia XZ3発表、スペック・発売時期

『Xperia XZ3』は画面サイズ6.0インチQHD++(2,880×1,440ピクセル)のアスペクト比18:9/有機ELディスプレイを搭載したスマートフォン。

進化したX-Reality for mobileによるHDRアップコンバート機能によりインターネット上の動画コンテンツもHDR相当の映像に変換できるようになったほか、大音量になったというフロントステレオスピーカーとダイナミックバイブレーションシステムなどにより、充実したエンタテインメント体験を提供するとしています。

新UI「サイドセンス」搭載

縦長の大画面でも操作を快適にするために新UIとして「サイドセンス」を搭載します。

画面左右の端をダブルタップすると触れた位置にアプリのランチャーを表示し、時間や場所、使用頻度などユーザーのライフスタイルに合わせて次に使うアプリをAIが予測して的確なアプリアイコンやクイック設定項目が配置されるとのこと。

持つ手の位置を動かすことなく、アプリ起動やカメラ撮影などの操作が可能としています。

CPU・メモリ・ストレージほか

CPUにはQualcomm Snapdragon 845、メモリは4GB、ストレージは64GB UFSを搭載、外部メモリとしてmicroSDカード最大512GBまでサポートしています。

SIMスロットはnanoSIMカードをサポート、グローバル向けにはデュアルSIMモデルも用意されます。

OSは最新のAndroid 9 Pieで、防塵防水IP65/68、ワイヤレス充電Qiをサポートしています。

カメラ・インターフェイス

背面には有効画素数約1,920万画素のMotion Eyeカメラシステムを搭載、さらにスマートフォンを横向きに構えるジェスチャーをAIが認識、簡単にカメラアプリを起動できる「スマートカメラ起動」を備えています。

前面にはF1.9の明るい新規レンズを採用した有効画素数約1,320万画素カメラを搭載、美肌加工や背景ぼけ撮影ができるポートレートセルフィーモードが利用できるとしています。

インターフェイスはUSB Type-Cで、3.5mmイヤホンジャックは非搭載ながら、アクセサリーとして提供されるUSB Type-C 2-IN-1ケーブルを使うことでイヤホンを装着できるとしています。

指紋センサーは背面カメラの下に配置されています。

カラーバリエーション・本体サイズ・発売時期

『Xperia XZ3』のカラーバリエーションはブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッドの4色展開、本体サイズは183x73x9.9mm、重さ193gとなっています。

バッテリー容量は現行モデルよりも10%向上した3330mAhを搭載。

『Xperia XZ3』の発売時期は2018年秋以降で、日本を含めた国と地域で販売が開始されます。

Xperia XZ3シリーズの最新記事

よく一緒に閲覧される記事

ソニーが瞳AFx3眼レンズの6.5型『Xperia 1』を国内披露、本格カメラ仕様で差別化

ソニーモバイルコミュニケーションズは4月16日、新たなフラッグシップ・

Sony Xperia 1 発表、世界初4Kスマホ・背面トリプルカメラに瞳AFなどスペック

ソニーモバイルコミュニケーションズは2月25日、スペインバルセロナで開

Xperia XZ4のアスペクト比21:9パネルで映画視聴する動画がリーク

ソニーの次期スマートフォン「Xperia XZ4」向けと思われるアスペ

→もっと見る

PAGE TOP ↑