新型iPad Pro(2018)はUSB Type-C搭載で4K出力サポートか、iOS 12.1 betaより

公開日: : Apple

昨日より開発者向けに配布されたiOS12.1 betaで今秋発売が濃厚となったiPadですが、新たにUSB Type-C説を裏付ける設定が見つかりました。

iOS12.1-beta-iPad-4K

新型iPad Pro(2018)はUSB Type-C搭載で4K出力サポートか

今回iPadの情報を伝えたゲーム開発者のSteve Troughton-Smith氏は自身のTwitterアカウントで、現行モデルではフルHD(1920x1080)出力が限界となっているのに対して、iOS12.1 betaでは4K(3840x2160)出力をサポートしていることを画像とともに伝えました。

同氏はシミュレータの結果からUSB Type-Cを搭載するのではないかと予測しています。

これにより以前より伝えられていたUSB Type-C採用の可能性が再び浮上してきました。
iPad Pro 2018はUSB Type-C採用か、MacBookはTouch ID搭載とも

Appleは2019年のiPhone/iPadと関連アクセサリーについて、USB Type-Cを採用する方針とする話もありました。

前回の話
新しいiPadは今秋にも発売、iOS12.1に「iPad2018Fall」とヒント

Source:Twitter(最新のiPad記事へ)

よく一緒に閲覧される記事

Googleフォトの抜け穴は「バグ」、iPhoneの無制限アップロードは修正へ

先ほどiPhoneで元の画質を維持する写真保存用のHEIC / H

Googleフォトに抜け穴か、iPhoneから無圧縮で無制限アップロード可能に

iPhoneで撮影した写真を元の画質で、そのまま無制限にGoogl

iPhoneの駆動時間がダークモードで大幅に改善、動画・対応端末(iOS13)

iOS13で利用できるようになったダークモードでiPhoneのバッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑