Moto G6 Playの日本投入が発表、3キャリア対応3スロットDSDSなどスペック・価格・発売日

公開日: : Motorola

モトローラ・モビリティ・ジャパンは9月20日、SIMフリースマートフォン『Moto G6 Play』をAmazon.co.jp限定で発売することを発表しました。すでに予約注文の受付が開始されています。

Moto-G6-Play

Moto G6 Playのスペック・価格・発売日

モトローラは2018年6月、プレミアム機能を備えながらも求めやすい価格を実現したというMoto Gシリーズの最新モデルMoto G6とMoto G6 Plusを発売、今回はエントリーモデルとして位置づけられるMoto G6 Playの日本投入を発表しました。

主な特長・スペック

  • 5.7インチ、アスペクト比18:9、HD+のMax Visionディスプレイを搭載
  • 終日駆動可能なバッテリー容量4,000mAh。
  • 数分で長時間の駆動が可能な15W Turbo Power(TM)充電器を同梱
  • Qualcomm(R) Snapdragon(TM)430 1.4GHz オクタコアプロセッサー搭載
  • メモリは3GB、ストレージは32GB、micro SDで最大128GBまで拡張可能
  • 1,300万画素のリアカメラを搭載、位相差オートフォーカスにより素早いフォーカスが可能
  • フロントカメラにはLEDフラッシュを備えた800万画素カメラを搭載、セルフィーもさらに美しく
  • 筐体背面の指紋センサーで、パスワード入力なくスマートフォンのロックの解除等が可能
  • 筐体背面はスタイリッシュなポリマー仕上げ、筐体カラーはユニバーサルにお持ちいただけるディープインディゴとファインゴールドの2色で展開
  • 高音質ドルビーオーディオを採用
  • デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)対応、3スロットでSIM2枚とMicro SD1枚を同時に収納可能また、moto g6 playは、ソフトウェアとセンサーを組み合わせ、より直観的にユーザーの端末動作をアシストする当社独自の機能「motoエクスペリエンス」が搭載されています。手首をひねってカメラ起動、振り下ろしてライト点灯、伏せて置くと着信音がならない、といった多くのユーザーから高評価を得ている「Motoアクション」機能などにより、直感的ユーザーインターフェイスで快適にスマートフォンをご利用いただけます。

対応周波数は次のようになっています。

2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz
3G:B1 / B2 / B5 / B8 / B19(B6含む)
4G:B1 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41

価格・発売日・カラーバリエーション

Moto G6 Playのカラーバリエーションはディープインディゴとファインゴールドの2色展開で、発売日は9月28日となっています。

いずれも価格は税込み24624円となっていました。

Moto G6 Playの価格

下記のレビュー数はG6とG6 Plusも含まれています。

【Amazon.co.jp 限定】モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G6 Play 3GB/32GB ディープインティゴ 国内正規代理店品 PA9U0022JP

【Amazon.co.jp 限定】モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G6 Play 3GB/32GB ディープインティゴ 国内正規代理店品 PA9U0022JPMotorola(モトローラ)

価格: 24,624円

レビュー:31件(2018/09/20現在)



前回の話
SIMフリー5.7型『Moto G6』を日本で発表、Moto G5sとスペック比較・価格・発売日

よく一緒に閲覧される記事

Motorolaは縦型の折り畳み画面スマホ投入か、タッチパッド搭載のRazrブランドとも

Motorolaからも折り畳みディスプレイを搭載したスマートフォンが投

モトローラ創立90周年「春のmoto mods割引キャンペーン」開催中

Lenovo傘下のMotorolaが創立90周年を祝してmoto mo

6.2型 Moto G7 発表―USB-CやGoogle Lens対応などスペック・価格・対応周波数・動画

Lenovo傘下の米Motorolaは現地時間2月7日、最新スマートフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑