Apple Watch series 4 (44mm)購入レビュー、開封編(Moto 360とのサイズ比較)・感想

公開日: : Apple

アップルが本日発売したApple Watch series 4 を購入したので早速レビューします。今回は開封編ということでMoto 360とのサイズ感を比べたり、スポーツループを確認します。

IMG_0540

Apple Watch series 4 購入レビュー、開封編

今回はAppleストアではなく家電量販店で購入してきました。44mmというApple Watch最大のディスプレイサイズなので果たして違和感なく装着できるのか不安がよぎります。

IMG_0541

化粧箱のカバーを外すとApple Watchが内側に。

IMG_0542

パッケージはApple Watch本体とスポーツループにわかれていました。

IMG_0544

はじめに本体から開封。

IMG_0545

フルサイズUSBを備えた電源アダプタと専用の充電器。

IMG_0553

続いてスポーツループを開封します。

IMG_0554

わずか9gと軽量、重いと使わなくなるので大切なポイントです。

IMG_0556

面ファスナーで好みの位置に装着可能、生地はフワフワです。

IMG_0557

Apple Watch側面にはデジタルクラウンがあります。

IMG_0558

ベゼル幅が狭くなっているので、すっきりした印象です。

IMG_0548

moto 360と並べて撮影、44mmモデルの解像度は368 x 448ピクセル、40mmモデルは324 x 394ピクセルです。

IMG_0559

電気心拍センサーと第2世代の光学式心拍センサーが搭載されています。

処理性能はApple Watch 3のS3プロセッサから最大2倍高速という64bitのS4プロセッサにアップグレードされています。

IMG_0550

厚みはApple Watch 3の11.4mmから10.7mmへと薄くなりました。

IMG_0562

バンドはパチンとなるまでスライドさせるだけ。

IMG_0563

色々なアプリが入っています。

IMG_0577

簡単に文字盤が変更できます。

実際に装着した感想

IMG_0564

44mmですがベゼル幅が狭くなったこともあり日本人の腕でも違和感がありません。

Androidスマートウォッチが重すぎたのかわかりませんが、スポーツループが軽量なのも手伝って軽いです。腕時計として重要なことなので、この軽さでモバイル決済が行えるだけでも購入した価値がありそうです。

手首を返すと表示される機能や口元に運び「Hey Siri」と言わずに話しかけるだけで天気などを確認で機能が便利ですね。

他にもダブルタップで「かざして支払う」というモバイル決済画面が表示されるので意味なくコンビニに行きたくなりました。GPSモデルは単体でモバイルSuicaにチャージできないということですが、大抵はiPhoneと一緒に持ち歩くし、ジョギングする前にチャージしておくことで自販機で飲み物を購入することは可能です。

IMG_0573

Android Wear(現Wear OS)スマートウォッチを使い始めた時の未知なるデバイスといった感じではなく、目的をもった実用的なデバイスといった印象が強く残りました。

ジョギング前後の心拍数も楽しみです。

次回よりApple Watchを使ったiPhoneのリモート撮影など順次試していく予定です。

前回の話(最新のApple Watch記事へ)
Apple Watch Series 4 を注文した話、使い道。

よく一緒に閲覧される記事

AppleがUSB Type-Cの「Apple Watch磁気充電」を発売、Lightning終了か

AppleがiPadで採用すると噂されている「USB Type-C」タ

iPad Pro 2018は「USB Type-C採用」とアクセサリーメーカー各社が回答

香港で開催中のGlobal Sources Mobile Electr

Apple、10月30日にスペシャルイベント開催を発表–iPad Pro 2018やMacBookに期待

Appleがニューヨークで現地時間10月30日、スペシャルイベントを開

→もっと見る

PAGE TOP ↑