Apple Watch Series 4と歴代モデルの動作スピード比較動画、買い替え推奨モデルも

公開日: : Apple

iPhone XS / XS Maxと同時に発表され入荷待ちが続くApple Watch Series 4について、歴代モデルとの動作速度を検証した動画が公開されました。

apple-watch-series-4-speed-comparison

Apple Watch Series 4と歴代モデルの動作スピード比較動画

MacRumorsは初代Apple Watchから最新のSeries 4までの5モデルで起動する時間や Siri の反応速度などが比較検証されています。

起動時間はApple Watch Series 4が最速で約51秒、昨年のモデルとなるApple Watch Series 3は約2分19秒と2倍以上の差がついています。Series 2は約3分47秒、Series 1が少し早い約3分19秒、初代Apple Watchは約5分8秒となっていました。

起動時間を見る限り処理性能が大幅に向上していることがわかります。

Siriやアプリの反応速度

次に Siriを使った比較を行なっています。

日常で行われる質問に対してApple Watch Series 4とApple Watch Series 3の反応する速度に大きな差は見られませんが最新モデルだけあってわずかに早くなっている印象です。

アプリの反応速度でも最新の2モデルで大きな違いはみられません。しかし、Apple Watch Series 2以前のモデルになるとアプリの起動時間が長くなってきます。特にカメラのリモート機能ではSeries 2以前が起動速度に大きな違いがありました。

今回検証を行ったMacRumorsはApple Watch Series 2以前のモデルであれば買い替えを検討しても良いのではないかと伝えています。

Apple Watch Series 3が手頃な価格に値下げされたこともあり、とても参考になる検証動画でした。

前回の話
Apple Watch Series 4が人気で品薄状態に、11月ごろ改善か–ヨドバシは一斉「お取り寄せ」

Source:MacRumors(最新のApple Watch記事へ)

よく一緒に閲覧される記事

AndroidをMacのサブディスプレイに、Duet Displayの生きる道

先ほどのLuna Displayと同じく、Duet Display

古いMacをセカンドディスプレイに、Luna Displayの生きる道

Astropad社などが長年に渡って開発してきたiPadのサブディ

AirPods Proは10月末に発表か、価格やノイズキャンセリングなど機能も

Appleの新しい完全ワイヤレスイヤホンについて、海外メディアより

→もっと見る

PAGE TOP ↑