グーグルプラスの個人向けサービス終了、50万人の情報流出か

公開日: : ニュース

ロイターは10月9日、Googleが8日にGoogle+の個人向けサービスを終了することを明らかにしたと報じました。同サービスの利用者で最大50万人のユーザーに関する個人情報が流出した可能性があることを理由に挙げています。

Google-Plus-app

グーグルプラスの個人向けサービス終了

ロイターはGoogleの話として、ソフトウェア上の問題により2018年3月までの2年以上にわたり、社外の開発者が個人情報を閲覧できる状態になっていたと報じました。

また、問題を調査した結果として「開発者がバグを認識していた証拠はない」とも伝えています。

なお、問題は既に解決済みで、情報が悪用された形跡はないとしています。

これについて、ウォールストリートジャーナルは関係筋の話としてGoogleは規制強化を懸念して問題を早期に公表しなかったと報じています。

今回の影響か、8日の米国株式市場で親会社のアルファベットは約1%安で引けたそうです。

Source:ロイター

よく一緒に閲覧される記事

新型肺炎・コロナウィルスの感染マップが公開、各地の死者数もカウント

2019年12月より中国武漢市で感染が確認された新型コロナウィルス

郵便局がキャッシュレス決済を開始、SuicaやAmazon Payなどに対応

日本郵便は2月3日、郵便局の郵便窓口においてクレジットカード払いや

ゆうちょ通帳アプリは2月下旬に開始、4月終了の残高照会アプリと比較

ゆうちょ銀行は1月24日、ネットバンキングを利用していなくても使え

→もっと見る

PAGE TOP ↑