ラズパイの半分サイズで45ドル『NanoPi NEO4』発売、スペック

公開日: : 周辺機器

Raspberry Piの半分程度というサイズにRK3399チップを搭載したシングルボードコンピューター(SBC)の『NanoPi NEO4』が発売されました。

NanoPi-NEO4

FriendlyELEC『NanoPi NEO4』発売、スペック

10月9日にFriendlyELECが発売した『NanoPi NEO4』は最大限にパーツを敷き詰めたことで実現したコンパクトサイズで、Rockchip RK3399を積んでいるところが大きな特徴です。

NanoPi-NEO4.01

Raspberry Piの半分程度というサイズなのでインターフェイスに不安を覚えますが、予想以上に充実しています。

  • HDMI 2.0a
  • USB 3.0 Type-A
  • USB 2.0 Type-A
  • USB 2.0 Type-C (電源/データ)
  • microSDカードリーダー
  • ギガビット有線LAN

RAMが1GBで、ストレージとして別売りのeMMCを差し込んでAndroidとLinuxといったサポートOSをインストールします。他にも電源アダプタやヒートシンクは付属していません。

本体サイズは60x45mm、重量は30.25gとなっています。

小型化すると高額になるイメージを持っていますが価格45ドルということで破格です。

Source:friendlyarm公式Wi-Fi

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑