中国でiPhoneの販売禁止に、Qualcomm訴訟を認定/米中問題か

公開日: : Apple

The Wall STREET JOURNALは現地時間12月10日、中国の裁判所がAppleに対してiPhoneの販売を禁止する判決を下したと報じました。

iPhone-8-red

中国でiPhoneの販売禁止に

今回の裁判は以前より報じられていたQualcommが主張するAppleの特許侵害を11月30日に認め、中国国内でiPhoneの販売が禁止となりました。

認定された特許侵害はタッチスクリーンデバイス上の写真編集とスワイプ操作の2件。

これによりAppleは訴訟開始時に販売されていたiPhone 7 / 7 Plus と iPhone 8 / 8 Plus の販売が禁止されることになります。同社の最新モデルであるiPhone XS / XS Max / XRの3機種は対象外になる模様。

今回の判決について、海外メディアはHuawei幹部を逮捕したことを含めた米中の貿易摩擦が影響しているのではないかと伝えています。

昨日は携帯3社が基地局などに使う通信設備から中国製品を除外する方針を固めたと報じられるなど米国の同盟国である日本でも影響がでているようです。

これについて中国政府やHuaweiなどのメーカー側は、スパイウェアなどはないと主張しており具体的な証拠を提示してほしいと反論しています。

Source:WSJ

よく一緒に閲覧される記事

Apple、米国で『iPhone SE』を値引きして販売を再開・最大16500円OFFに

Appleは2018年9月に販売を終了したSIMフリー版『iPhone

ワイモバイルが『iPhone 6s』を一括500円などに緊急値下げ、新規・MNP向け

Y!mobile(ワイモバイル)が販売している『iPhone 6s』の

次期iPhone XS Max、光学3倍ズームや15Wワイヤレス充電など搭載か

2019年秋リリースの次期iPhone XS Maxについて15Wワイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑