PlayStation ClassicはUSBメモリからゲーム追加が可能、無料ツール「BleemSync」登場

公開日: : ソニー ,

ソニーが12月3日に発売したPlayStation ClassicがUSBメモリに保存したゲームを起動できると報告されています。

ps-classic-USB

PlayStation ClassicはUSBメモリからゲーム起動可能

PlayStation Classicはバイオハザードなど20本のソフトをプリインストールして出荷されるゲーム端末です。ソニーは10月29日に解説ページを公開しています。

同デバイスと言えばエミュレータがソニー製ではなくオープンソースの「PCSX ReARMed」を利用していることが指摘されて話題になりましたが、コレクションとしての価値も発売当時は価格が高騰していました。

そんなPlayStation Classicに新たな話題、USBメモリに保存したゲームが起動できる無料ツール「BleemSync」がGitHubで公開されています。

他にも似たツールは存在しており、下記のgpghaxもあります。

しかし、gpghaxよりも今回の「BleemSync」が推奨されているようです。

USBメモリを取り外すとゲームは削除され、現状では内蔵ストレージに書き込んで永続的に使える仕様ではないようです。

前回の話
PSミニ「PlayStation Classic」を分解、MediaTek製チップにRAM1GBなどが判明

Source:BleemSync

よく一緒に閲覧される記事

ソニーが折り畳み画面スマホを2019年12月にリリースか、一部スペック

ソニーがGalaxy FoldとHuawei Mate Xのライバ

ソニーが瞳AFx3眼レンズの6.5型『Xperia 1』を国内披露、本格カメラ仕様で差別化

ソニーモバイルコミュニケーションズは4月16日、新たなフラッグシップ・

Sony Xperia 1 発表、世界初4Kスマホ・背面トリプルカメラに瞳AFなどスペック

ソニーモバイルコミュニケーションズは2月25日、スペインバルセロナで開

→もっと見る

PAGE TOP ↑