7.8インチ折り畳みスマホ『Royole FlexPai』のハンズオン動画 #CES2019

公開日: : スマートフォン

Royoleが発表していた世界初の折り畳みスマートフォン『FlexPai』がCES 2019で展示されました。海外メディアTHE VERGEよりハンズオン動画が公開されています。

Royole-FlexPai-CES2019

『Royole FlexPai』のハンズオン動画

CES 2019に展示された『Royole FlexPai』の仕様を見てみると画面サイズは7.8インチで展開時はタブレットモード、折りたたむと1つではなく2つのAndroidスマートフォンになるようです。

それについてTHE VERGEは、Royoleは野心的な会社で2枚のSIMカードスロットを設けて片面をプライマリの携帯電話として、もう片面はセカンダリ携帯電話ではコンテンツを表示するといった自動検出システムを提供しようとしているとのこと。

解像度は1920x1440ですが、折りたたむとヒンジ付近の画面分だけ縮小されると指摘しています。

実機に触れたライターによると『Royole FlexPai』はソフト面が整備されていないようで、ディスプレイを回転したり、折り畳み、展開するといった動作を行うと、アプリが重なり合ってしまいカメラアプリを間違って起動してしまうといったことがあったそうです。

『Royole FlexPai』は中国で8999元(1320ドル相当)で発売されるとしています。

『Royole FlexPai』は2018年11月に正式発表を行い、同年12月には予約開始されています。

よく一緒に閲覧される記事

バルミューダ製スマホ「BALMUDA Phone 」が11/16発表へ、ティザーページ公開

バルミューダは11月8日、新たにAnother.」というキャッチコピー

本気のLinuxスマホ「PinePhone Pro」は買いか、スペック・価格

PINE64が数日前に発表した最新Linuxスマートフォン「PineP

富士フィルムがペン/折り畳みスマホ開発中か、特許出願が判明

カメラメーカー富士フィルムが米国の特許庁(USPTO)において折り畳み

→もっと見る

PAGE TOP ↑