ワコム筆圧4096段階ペン付きE-Ink 6.8型『MobiScribe』がIndiegogoで登場、僅か199ドル

公開日: : 最終更新日:2019/01/20 その他・中華タブレット ,

手書きメモや絵を描くことができる新しいE-Inkタブレット端末6.8型『MobiScribe』がIndiegogoで出資者を募集しています。

MobiScribe

6.8型『MobiScribe』がIndiegogoに登場

本来であれば電子書籍を読むのに適したディスプレイですが『MobiScribe』はタッチパネルによる指での操作、そして付属のスタイラスペンによる手書き入力をサポートしています。

興味深いことにE-Ink技術で線を引いた時にだけ電力を消費するそうで、ノート端末として非常に気になるデバイスとなっています。

そして更にワコムの電池不要な筆圧感知4096段階のペンによる手書き入力が行えるほか、ペン先の反対側を使うと「消しゴム」機能、手のひら検知機能が搭載されています。

また、テンプレート機能として大学ノート/コーネルノート/方眼紙/楽譜などがプリセットとして用意。

画面サイズ6.8型1440 x 1080解像度ディスプレイは直射日光があたっても眩しくないグレアスクリーンとなっています。

価格と出資額

『MobiScribe』の価格は339ドルですが早期出資者には41%OFFとなる199ドルで1台が届けられますが既に終了しており、214ドルのカバーセットが募集中となっています。

なお、早期出資者には2019年2月に届けられる予定です。

リンク:Indiegogo

よく一緒に閲覧される記事

ONYXがE-ink仕様のスマートフォン開発中 #CES2020

ONYXは電子ペーパー仕様のスマートフォンを諦めていないようだ。同

4GHz駆動で安めな『One Mix 3S+』発表、3Sとのスペック差・価格・クーポン

ONE-NETBOOKより最大4.0GHzクロックというIntel

OneMix3 Proに赤色「Koi Limited Edition」登場、発売日・価格・スペック

テックワンは12月27日、深センOne-Netbook Techn

→もっと見る

PAGE TOP ↑