シャープが サムスンから100億円出資で資本提携へ、液晶パネルの業務提携も協議

公開日: : ニュース

NHKは5日、「シャープ」がライバル会社の韓国「サムスン電子」との資本提携に向けて

最終調整に入ったことが明らかになったと報じています。

台湾「ホンハイ精密工業」からの出資交渉が進展しないことが理由とも伝えています。

シャープがサムスンと提携へ

シャープは2012年3月、台湾「ホンハイ精密工業」より約660億円の出資を受けるということで

いったん合意したということですが、出資条件や提携内容が折り合わないなどで交渉が難航していました。

NHKは関係者の話として、シャープはサムスンより100億円規模の出資を受けることで

最終調整に入ったことが明らかになったと伝えています。

シャープは、サムスンに対して液晶パネルを長期的に供給するといった

業務提携も行う方向で協議を進めているとのこと。

Source : NHK

よく一緒に閲覧される記事

Googleストリートビューの人型アイコン「ペグマン」、実は変身していた。

Google Japanは10月21日、公式Twitterアカウン

ローソンが一日限定でスイーツ全品半額、売上一部を被災地に寄付

ローソンは10月17日、ゴディバなどとのコラボで人気商品も並ぶロー

格安スマホの通話料金を値下げへ、総務省が基準策定に意欲

総務省が格安スマホの通話料金を安くする基準を策定しようとしているこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑