「Chrome for Android」ベータ版ではプロキシーによる高速化「SPDY」を導入

公開日: : Android アプリ

Googleは5日、「Chrome for Android」のベータ版をアップデートしました。

新バージョンでは、デスクトップ版Chromeと同期によるオートフィルとパスワードの同期に対応

パスワード同期は数日後に利用可能となる予定ということです。

実験的な機能としてGoogle設置のデータ圧縮用プロキシーサーバーを経由して

データ転送量を圧縮、WEBページの表示を高速化する機能「SPDY」を搭載。

chrome-500x243

「Chrome for Android」はプロキシー機能搭載

今回のプロキシーサーバーでは、Webページの読み込みを高速化する技術「SPDY」のほか

画像をWebPフォーマットに変換するなど、データ転送量を圧縮するということです。

これらの機能により、Googleの内部テストでは50%のデータ圧縮になったとしています。

spdy_proxy_google

高速化「SPDY」の利用方法

データ圧縮機能は標準ではオフの状態で、有効にするには設定が必要ということです。

  1. URL欄に「chrome://flags」と入力。
  2. 「Enable Data Compression Proxy」の項目を有効に設定

プロキシーサーバーを経由するのはHTTP通信のみで

セキュアなHTTPS通信では経由せず直接アクセスとなるようです。

LINK : Google Chrome Blog , Google Play

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑