シャープがサムスンとの資本・業務提携を取締役会で決定へ

公開日: : ニュース

シャープは6日、取締役会で韓国サムスン電子と資本・業務提携を決定したと

読売新聞電子版「YOMIURI ONLINE」が報じています。

シャープは6日午前中に資本提携に関する報道を否定するような発表しましたが

当初の情報通りの内容でした。

sharp-pdf

シャープがサムスンと資本・業務提携へ

シャープは約100億円の出資を受けるほか、ディスプレイを優先的に供給するとのこと。

その一方で、シャープと提携中の台湾ホンハイ精密工業は

「今後も交渉・協業に変化はなく、引き続き行う」としています。

シャープはアップルのディスプレイを供給しているため関係悪化を指摘されています。

サムスンとアップルの戦いは激化しそうですね。

Soure : YOMIURI ONLINE

よく一緒に閲覧される記事

ローソンが一日限定でスイーツ全品半額、売上一部を被災地に寄付

ローソンは10月17日、ゴディバなどとのコラボで人気商品も並ぶロー

格安スマホの通話料金を値下げへ、総務省が基準策定に意欲

総務省が格安スマホの通話料金を安くする基準を策定しようとしているこ

現金化の機能「PayPayマネー」を発表、ユーザー間の送金やYahoo!マネー統合も

PayPayは10月1日、資金移動業の登録が完了したとして本人確認手続

→もっと見る

PAGE TOP ↑