約4,500円の5型スマホが発売、背面デュアルカメラなどスペック

公開日: : スマートフォン

日本のアマゾンでも見かける中国メーカーHOMTOMが定価39.99ドルという超破格の5型スマートフォン『HOMTOM C13』を発売した。

低価格スマートフォンの現在を記録する。

HOMTOM-C13

『HOMTOM C13』のスペック・価格

それでは最新の低価格スマートフォンの仕様をチェックしよう。

『HOMTOM C13』の画面サイズは5インチ(960x480解像度/18:9)ディスプレイ、CPUにはMediaTek MT6580M(クアッドコア)、RAM1GB、ストレージ8GB+外部メモリmicroSDカード最大64GB対応となっている。

バッテリーは2750mAh、販売ページを見るとUSB-C 2.0と記載されていた。価格的にMicroUSBだと思っていたので少し驚いた。さらに指紋センサーも搭載している。

HOMTOM-C13.1

カメラは前面200万画素と価格相応だが、背面は500万画素+800万画素のデュアルカメラ仕様となっていた。5000円以下で販売して元が取れるのか勝手に心配してしまう。

モバイル通信は2G / 3GだけでLTE非対応なのが残念、SIMカードスロットは背面パネルを外すとアクセスできる仕様でデュアルSIMデュアルスタンバイに対応していた。

OSはGoogleのAndroid Goを採用、ピュアOSなら1万円前後のミッドレンジよりも魅力的に映る。

価格は39.99ドル(約4,477円)と5000円でお釣りがくる値段だ。すでにAliExpressで販売が開始されており、特典として液晶保護フィルムとTPUケースが無料となっている。

HONTOMは以前、タブクル宛に製品レビューを依頼してくれるほど日本での販売に意欲を持ったメーカー、日本で展開に注目したい。

Source:HOMTOM C13

よく一緒に閲覧される記事

約4,500円の5型スマホが発売、背面デュアルカメラなどスペック

日本のアマゾンでも見かける中国メーカーHOMTOMが定価39.99ドル

3.3型『Palm Phone』が日本上陸、アマゾンや家電量販店で発売へ・日米の価格・発売日

2018年にベライゾン専用としてリリースされた手のひらサイズと「Pal

7,480円のSIMフリーガラケー『un.mode phone 01』の一般予約スタート

クラウドファンディング「Makuake」(マクアケ)で出資者を募集して

→もっと見る

PAGE TOP ↑