ユニクロ・GUが個人情報46万件を流出、氏名/住所/サイズ/購入履歴など該当者はパスワード初期化へ

公開日: : ニュース

fastretailing-news-20190514

ファーストリテイリングは5月13日、ユニクロおよびジーユーの公式オンラインストアで不正ログインが確認されたことを発表、発表時点で判明しているアカウント数は46万1091件に上るという。

ユニクロ・GUが個人情報46万件を流出

ファーストリテイリングによると不正ログインは、2019年4月23日から5月10日にかけて「リスト型アカウントハッキング(リスト型攻撃)」の手法で行われ、プレスリリース発表時点の判明分で不正ログインされたアカウント数は、461,091件になることを明らかにした。

閲覧された可能性のある個人情報として次の項目が挙げられている。

  • お客様の氏名(姓名、フリガナ)
  • お客様の住所(郵便番号、市区郡町村、番地、部屋番号)
  • 電話番号、携帯電話番号、メールアドレス、性別、生年月日、購入履歴、マイサイズに登録している氏名およびサイズ
  • 配送先の氏名(姓名、フリガナ)、住所、電話番号
  • クレジットカード情報の一部 (カード名義人、有効期限、クレジットカード番号の一部)
    クレジットカード番号は、上4桁と下4桁以外は非表示としております。CVV番号(クレジットカードセキュリティコード)は、表示・保存されていないので、漏えいの可能性はありません。

今回の発覚は利用者から「身に覚えのない登録情報変更の通知メールが届いた」という連絡だったという。判明している461,091件のユーザIDについては、同年5月13日にパスワードを無効化、パスワードの再設定のお願いするメールを個別に通知したとのこと。既に警視庁へ通報済みとしている。

Source:ファーストリテイリング

よく一緒に閲覧される記事

ユニクロ・GUが個人情報46万件を流出、氏名/住所/サイズ/購入履歴など該当者はパスワード初期化へ

ファーストリテイリングは5月13日、ユニクロおよびジーユーの公式オ

「ゆうちょPay」提供開始、先着100名に現金500円プレゼントやデジタルギフトなどキャンペーン中

ゆうちょ銀行は5月8日、モバイル端末向けのQRコード決済サービス「ゆう

銀行が集結するスマホ決済『Bank Pay』は2019年秋リリース

日本電子決済推進機構は4月22日、1000以上の銀行口座から直接支払え

→もっと見る

PAGE TOP ↑