E-INKでキーボードなど装着へ、6インチ『Onyx Boox Viking』が披露される

公開日: : その他・中華タブレット ,

onyx_boox_viking_3

ONYXの新たな電子書籍リーダー『Onyx Boox Viking』はキーボードなどを接続できるPogoピンを備えたモジュール式を採用していることが伝えられた。

6インチ『Onyx Boox Viking』のコンセプト動画

notebookitaliaはHong Kong Electronics Fair 2019イベントで『Onyx Boox Viking』の試作機を発見、動画を公開した。ONYXは大量生産するか検討中で、ユーザーのフィードバックを求めているようだと伝えた。

その一方で、同メディアは「モジュラー式」について電子書籍リーダーの世界に革新を呼ぶかもしれないと歓迎している。

『Onyx Boox Viking』のスペックは昨年発表された「Onyx Book Poke」に似ているようで、画面サイズ6インチE-INK(1448x1072解像度)タッチ操作に対応、フロントライトと色温度の調整が可能で、プロセッサに1.2GHzクアッドコア、RAM1GB、ストレージ8GB+microSDカードスロット、バッテリー容量は3000mAhとしている。

本体サイズは155.9x112.4x8.8mm、重量は165gと小型軽量、背面にはPogoピンを備え、対応するカバーが用意されていたという。このカバーは物理ボタンを備え、ページ送りが用意になるようで重量は85g、総重量は250gになるとのこと。

このモジュール式が登場するのかはユーザーの意見が決めるとしており、コミュニティへの参加を呼び掛けている。

すでにiPad ProシリーズのSmart Keyboardがあり、そのE-INK版として需要がありそうだ。

Source:notebookitalia

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑