激安256GBのmicroSDカード購入レビュー・CrystalDiskMark / H2testw

公開日: : 周辺機器 ,

JHN-256GB-microSDCard-Review-6234

先日注文したJNHショップが販売する格安256GBのmicroSDカードが到着、読み書き速度や不良ブロックは存在するのかCrystalDiskMarkとH2testwでチェックしたほか、アクションカメラで使えるのか試した内容をレポートする。

JNH製microSDカード購入レビュー

前回はJNHショップにてLaxer製SDカード512GBを購入して読み書き速度ともに良好、不良ブロックもなくて長く使えそうだった。

今回は同ショップから256GBの自社ブランドmicroSDカードを購入した。

2019-05-24 05.10.49

格安512GBのmicroSDカード購入レビュー、読み書き速度や健康チェックほかより

microSDカード単体で注文したこともあってか、記事冒頭の画像にある茶封筒に入ったネコポス配送となった。

それではパッケージを見てみよう。

JHN-256GB-microSDCard-Review-6235

表面を見る限り海外製のように見える。Laxer製には付属していたSDカード変換アダプタが同梱されていない。

JHN-256GB-microSDCard-Review-6237

パッケージ背面を見ると日本語で説明と注意書きが記されてあった。左上には5年保証マーク、今回もハサミで切って中身を取り出す仕組みになっている。

JHN-256GB-microSDCard-Review-6238

アマゾン販売ページで見たデザイン、Laxerのブルーと遠目からでも区別しやすいのでストレージを管理する上で助かる。

JHN-256GB-microSDCard-Review-6239

Laxer製SDカードと並べて撮影、このチップ2枚で容量768GBとなる。JNHブランドでも512GBモデルを取り扱っているが8,998円とLaxer製SDカードより僅かに高い。

しかし、この256GBモデルに関してはLaxer製SDカードの4999円より安い3990円となっている。

2枚購入しても7980円なので2つになってもよければJNH製256GBx2=512GBが最安だ。

JHN-256GB-microSDCard-Review-2019-05-29 17.11.22

Laxer製SDカード変換アダプタでWindowsに差し込むと容量232GBとして認識された。ファイルシステムはexFATとなっている。

CrystalDiskMarkで読み書き速度を計測

ここからはCrystalDiskMarkバージョン6.0.2(x64)で計測した読み書き速度を記録する。

JHN-256GB-microSDCard-Review-2019-05-29 17.10.06

先日テストしたLaxer製SDカード512GBに比べるとReadが僅かに遅いが、Writeは同等以上という結果になった。

H2testwで不良ブロック探し

次にH2testwでSDカードが正常に232GB存在し、正常に書き込めるかをチェックする。

2019-05-29 19.23.32

結果は正常、書き込み速度は先ほどのソフトと変わらない結果だった。

————————————————————-

Warning: Only 237726 of 237728 MByte tested.
Test finished without errors.
You can now delete the test files *.h2w or verify them again.
Writing speed: 69.4 MByte/s
Reading speed: 80.7 MByte/s
H2testw v1.4

————————————————————-

この結果から512GBのLaxer製SDカードが書き込みとベリファイが遅かったことがわかってしまった。大容量で確認に時間がかかるのだろうか。アマゾン販売ページのレビューを見直したが別にハズレを引いたわけではなさそうだ。

アクションカメラで使えるか

2019-05-29 19.34.54

次に中国メーカーのアクションカメラで使えるか確認する。microSDカードを差し込むとフォーマットするようメッセージが表示された。

2019-05-29 19.35.20

フォーマットが完了するとSDカードを挿入するよう案内されてしまう。もう1度SDカードを差し込むと再びフォーマットの案内が表示された。どうやら認識されないようだ。

256GBのmicroSDカードで使えそうなアクションカメラを探す必要がでてきた。今なら「GoPro HERO 7 BLACK」と「OSMO ACTION」「OSMO POCKET」あたりで検討したい。

JNH製256GB版microSDカードの感想

JNHショップがLaxer製SDカード512GBモデルを販売しながら自社ブランドも販売しているということでリスクは低いと思っていたが、初期不良リスクはSSDに比べ高いようなので1度くらいの返送手続きは覚悟して注文した。

しかし、不具合なく高速なmicroSDカードが格安で手に入ったので満足している。

2019-05-27 18.55.27

256GBのMicroSDカードは前回の記事で書いたようなアクションカメラをドライブレコーダーとしても使うため、SDカードの弱点「書き込み頻度」が多くなる。

その用途で長い期間にわたって使えるのか知っておくことで、来年中には2万円台になるであろう1TB版microSDカード購入時の目安になると考えている。

前回は512GB版microSDカードをFire HD 8 タブレットに入れてファイルサーバー化したが、どれくらい長く使えるのかが重要だ。なお、ファイルサーバー化した後は端末が画面OFFでも使えているので重宝している。

次回は大容量microSDカードが使えるアクションカメラを探した話を記録する予定だ。

続き⇒Coming Soon

リンク:注文したmicroSDカード256GB販売ページ

前回⇒格安256GBのmicroSDカードを注文、用途・アクションカメラのドラレコ化へ計画

よく一緒に閲覧される記事

大人気モデルの最上位「Anker PowerCore Fusion 10000」発売、発売記念セール中

家庭用コンセントで使えて、モバイルバッテリーにもなるということでミニマ

Nintendo Switch Proは4K/OLEDでバッテリー改善か、米任天堂社長の言葉

任天堂のファームウェアから以前より噂されていた「Nintendo Sw

ゲーミング毛布 『わたタンク』(BHB-1600)発売、肩まで布団に入ってスマホを

ビーズが冷えやすい首元まで毛布をしっかり被りこんだまま快適にスマホを操

→もっと見る

PAGE TOP ↑