6.3型『UMIDIGI Power』を注文した話、購入ポイント・理由

公開日: : 最終更新日:2019/07/21 UMi ,

UMIDIGI-Power

これまでUMIDIGI A5 Proを購入するつもりだったが、前回の比較記事から悩み抜いた結果『UMIDIGI Power』を注文した。

今回は購入ポイント、選んだ理由を記録する。

『UMIDIGI Power』を注文、購入ポイントと理由

前回の比較記事でスペック的な違い、価格の違いをチェックしたが、最終的に何が決め手となったのかを書いていく。

突如、1500円OFFクーポンが登場

これには驚いた。

UMIDIGI A5 Proの魅力はエントリーモデルの価格ながら、トリプルスロットとトリプルカメラにRAM4GBといったミドルレンジ仕様だ。

そこから幾つかの特徴を消しながらもUSB-Cやバッテリー増量と実用的に仕上げて2019年5月(日本は2019年6月)に発売されたばかりの『UMIDIGI Power』はピッタリ2000円差。

そこへ昨日はなかった「1500円OFFクーポン」が登場したのだ。

しかも、入荷予定も僅かに速い7月24日となっている。これを逃す手はないと思った。

USB-Cポートかつ18W充電、大容量大容量5150mAh

先ほども触れたが『UMIDIGI Power』は最新規格USB Type-Cポートを備えているのが大きな特徴だ。

それにより充電は18W(UMIDIGI A5 Proは10W)充電となり、データ転送速度の向上も期待できる。特に大容量バッテリー5150mAhを積んでいるため充電速度UPは重要。

『UMIDIGI Power』はグローバルバンド対応なので旅行などでモバイルルーターとして使う予定でいる。その時に大容量かつ高速充電は頼もしい。

価格が500円差なら『UMIDIGI Power』にしたいと思った。

カメラとmicroSDカードスロットの評価

UMIDIGI A5 Proの強みにトリプルカメラがあった。

しかし、アマゾンのUMIDIGI製スマートフォンのレビューを眺めているとカメラのピントがあわないといったような不具合も報告されている。それがOSのチューニング問題なのか、製品品質の問題なのかはわからないが期待しないほうが良いと思った。

そうなると『UMIDIGI Power』のデュアルカメラで問題ないと思えてくる。前面カメラは同じ1600万画素で変わらない。

ちなみに上位モデルで最近リリースされた「UMIDIGI F1 Play」(Amazon.co.jpへ)は4800万画素+800万画素デュアルカメラで価格は22837円に2200円OFFクーポンとなっていた。最初は4800万画素とRAM6GBに興味もあったが、ピントの不安から避けることにした。

他にもmicroSDカードスロットについて、認識されなくなったという書き込みもあった。レビューした人の知識に違いもあるため単純にUMIDIGI悪しとは言えないが、これも期待しないほうが良いと思った。

そうなってくると内部ストレージの話になる。microSDカードスロットを使わなくて良い可能性が高いのはA5 Proの32GBより『UMIDIGI Power』の64GBだ。

ここでも価格差500円が大きく影響してくる。

何に使うか

UMIDIGI-Power.1

『UMIDIGI Power』は6.3インチかつ水滴ノッチで画面占有率が高く、さらにFHD+と高解像度ディスプレイになっている。これはKindleリーダーよりも大きく、ベゼル幅のある7インチFire 7と変わらない画面サイズのはずだ。

さらにA5 Proよりもパワフルな2.3GHzオクタコアのため、画面と合わせてYouTubeなどの映像コンテンツや多少のゲームも楽しめるだろう。

次にグローバルバンド対応というメリットを活かして海外旅行先でも使いたい。国内旅行でも大容量バッテリーを搭載した頼れるモバイルルーターとして使えそうだ。

あとは実際に端末を使ってみて、どのような用途に向いているのかFireタブレットと同じように浸か道を探したい。

価格

「UMIDIGI A5 Pro」は13,777円(最新の価格は販売ページへ)、今回の『UMIDIGI Power』は15777円(最新の価格は販売ページへ)でピッタリ2000円差となっている。

前回(2019年7月16日時点)は上記の話までだったが、7月17日には1500円OFFクーポンが登場したので価格差は500円となった。

続き⇒6.3型『UMIDIGI Power』購入レビュー、RAM4GBで1.5万円の格安スマホ
前回⇒15,777円の6.3型『UMIDIGI Power』は買いか、UMIDIGI A5 Proとスペック比較(技適あり、ドコモ/SBのプラチナ対応)

よく一緒に閲覧される記事

RAM4GBに128GBの最新スマホ『UMIDIGI X』が19,523円に、数量限定クーポン

2019年8月に発表された日本でも技適を取得してスマートフォンを販

(祭り3日目)技適ありRAM3GBの5.7型UMIDIGI A3 Proが7153円に、無印版は6703円へ

背面デュアルカメラにノッチ5.7インチ、RAM3GBで技適があって

衝撃!UMIDIGI Z5 Proは6400万画素カメラ/クアッドカメラ搭載へ

技適を取得して日本でコストパフォーマンスに優れたスマートフォンを展開し

→もっと見る

PAGE TOP ↑